マツコ、アンチの誹謗中傷に「なんの力も勇気もない人」断言!「アイドルでもないのに泣いた」絶賛

拡大画像を見る

 4月15日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)で、マツコ・デラックス(48)が語った誹謗中傷への向き合い方に共感の声が上がった。前回の放送で、元AKB48の総監督だった高橋みなみ(30)を毛嫌いし、本人に向かって「怖すぎる」「全部作ってるように見える」と言い放った元NMB48の木下百花(24)が再び登場。そんな木下が、今回は“アウト軍団”とともに田舎の古民家改修にチャレンジした。

 協力した“アウト軍団”は、A.B.C-Zの塚田僚一(34)、りんご娘の王林(23)、戦慄かなの(22)、プラチナボーイズの小池成(31)、豊満ボディのグラビアアイドルももせもも(27)らだったが、テンションの高い小池に木下は「明るくて圧がすごくて」「たかみなさんみたいなタイプですか?」とドン引き。しかし、作業を進めるうちにそれぞれのメンバーと打ち解けていった。

 1日目の作業後、残ったのは木下、王林、戦慄、小池、ももせという、元アイドルと現役アイドル、グラビアアイドルチームで、戦慄がアイドルの恋愛問題炎上に触れたことをきっかけに、アイドルトークで盛り上がった。

   この流れでアンチについて気にするかという話題になり、小池は「僕はウェルカムアンチ」「アンチの人っていうのは気になってるから言ってる」「どうでもいい人だったら何も言わない」と、ポジティブな発言をした。

 一方で、グラドルのももせは、デビュー当初から大きな胸が悪目立ちしてしまい、異性からも同性からも見た目のことをキツい言葉でディスられたと告白。これを聞いた他のアイドルたちは、その悪口のひどさに絶句したが、ももせは番組に出てマツコやナインティナインの矢部浩之(49)から絶賛されてから「すごいポジティブな言葉をもらえるようになって」「本当にアンチが減って」「女性ファンとかも増えて」と涙を流し、「今もアンチはいるけど、100人のファンの声より1人のアンチの声が多く聞こえるってことは完全になくなった」と語った。

■「戦う準備があって批判する人はいい」

 アイドルたちの悩みをスタジオで聞いていたマツコは、「ポリシーとかさ、信念とか、その人の尊厳みたいなものも込みで、戦う準備があって批判する人はいいのよ」「なんの意味もなくさ、なんか本当、湧いて出た言葉で“死ね”とか書けちゃう人いるじゃない?」「だいたいそうだと思うのよ、世の中のひどい書き込みって」「だから私はなんにも気にならないのよね」とキッパリ。

 さらに「なんの力もない」「なんの勇気もない人たちだから、別にアタシのところまで上がってこれないだろうし、逆に死ねって思って生きてるから」と、自身への誹謗中傷への向き合い方を明かし、高橋や木下を感心させた。

「あんなの気にしちゃダメよ」というマツコの言葉に、視聴者からは「マツコさん良いこと言うね」「ほんと誹謗中傷するひとなんて人として終わってる」「アウトアイドル本音トークがEテレの番組のようにシッカリした内容……」「アウトデラックスのアンチのところみて、アイドルでもないのに泣いた」「マツコの言葉が刺さった」「全アイドルとオタク昨日のアウトデラックス見てほしい」など、共感の声が続出した。

 マツコは、2月12日放送の『マツコ&有吉かりそめ天国』(テレビ朝日系)でも誹謗中傷について語っている。有吉弘行(46)が有名人を叩くネットの書き込みについて触れると、マツコは自身への過去の誹謗中傷を振り返り、「最初はああいうのを見たり聞いたりするとキツかったけど」切り出し、今では他に信じられる人たちがいるからアンチコメントは屁でもないと思うようになったと心境の変化について明かしていた。

 軽はずみに発した言葉でも、受け取る相手を傷つけてしまう可能性があることを肝に銘じよう。

関連リンク

  • 4/21 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ソフィア

    4/22 16:43

    さすがに某組織委員会にブタ扱いされたら凹みそう

記事の無断転載を禁じます