千鳥・大悟、志村けんさんの口真似を披露「優香はひいよなぁ」

拡大画像を見る

千鳥(ノブ・大悟)がMCを務める『千鳥の相席食堂』(ABCテレビ、毎週火曜23:17~※関西ローカル)。4月20日の放送では、藤波辰爾ともう中学生が相席旅を実施。ツッコミどころの少なそうな2人の相席旅に不安気な千鳥だったが、想定外のエンディングに驚愕した。

デビュー50周年の現役プロレスラーである藤波は、約10年前まで毎年プロレスを開催していたという愛媛県今治市へ。開口一番「ひいへんひだねぇ(いい天気だねぇ)」と発したことから千鳥は志村けんさんと同じ喋り方だと爆笑。「志村さん『い』から入ったことないからな、『優香はひいよなぁ』」と大悟が真似る。お城が好きで、全国各地のお城巡りが趣味だという藤波は、今治城へ行こうと提案。その道中も、お城に入ってからも終始しゃべりっぱなしの藤波に、こんなにしゃべる人だったのかと千鳥は驚く。

栃木県真岡市を訪れたもう中学生は、荷物が多くなってしまったと、自ら運転するハイエースで到着。運転席から降り自己紹介をした瞬間に、2人は「何この組み合わせ」「どういう会議を行った?」とコメント。VTRではもう中学生が早速、段ボールで作った「タンスとダンス」というネタを披露したことから、「これは無理よ」とツッコミどころがわからないと嘆いた。しかし、いちご狩りをした際に、お礼にと「ギャオス内藤」のビデオを店主にプレゼントした姿を見て、大悟は「ほしいよ!」と大爆笑した。

藤波にVTRが切り替わると、まだ今治城の様子が映し出されるも、一方的なおしゃべりは止まらない。その後もメガネ屋、うどん屋、石垣、焼き鳥屋と巡り、最後は再び今治城でエンディングを迎えることになった。藤波は「今治を満喫しましたよ。晴れ間も出たし……ね?」と言ってから、10秒以上無言になるというまさかの事態に。驚いた千鳥は、同じシーンを3回も見直し、どうして締めの一言を発しないのかを気にする。そして、遂に4回目で沈黙を破った藤波は、千鳥も想定外の格好でエンディングを迎えるのだった。

一方のもう中学生も、市内の中華料理屋、かき氷屋、神社などを巡り、随所で持ちネタの段ボール芸を披露したり、ボケたりしていたが、最後はモーターパークでスタッフとレース対決しているシーンが急に映し出され、勝負も終盤に差し掛かっている様子が見て取れる。そして、僅差でゴールに入った勝負の行方も気になるところだが、この日放送しきれなかったもう中学生の相席旅がダイジェストで流されたため、「もっと見たかったな」と惜しむ大悟。ノブに至っては、前回の千原せいじ(千原兄弟)の放送回から「仕切り直せた」と安堵の表情を見せた。

インターネット上では、大悟と同じようにもう中学生に対し「もう中、流れてないシーン多すぎやろw」「これもう中のパートだけ完全版のオンエアして!!」「毎週もう中でいいわ。癒される」といったコメントが寄せられた他、藤波の無言のラストシーンに「完全に電池切れやんwww」「藤波さん思考停止! 長いな……(笑) (笑) 」「盛大な前フリだった」「力尽きたドラゴンwww」などの反響が上がった。

次回は4月27日に放送。元ザブングルの加藤歩と、復帰後初ロケとなるワッキー(ペナルティ)が「新たな芸人人生のスタートを切る旅」を実施する。

関連リンク

  • 4/21 10:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます