【フローラS展望】オークストライアル、適性あるあの馬に期待したい

拡大画像を見る

 メンバーの多くが1勝馬ということも珍しくないが、それでも昨年のウインマリリンをはじめ、モズカッチャン、チェッキーノ、デニムアンドルビー、サンテミリオンなど、本番でも活躍する馬がしばしば現れている。本番を展望する上で見逃せない一戦だ。

1.桜花賞路線の延長ではない

 過去10年の連対馬20頭のうち、前走で1600m以下の距離を使っていた馬は2頭のみ。東京芝2000mはこの時期の牝馬にとってはタフな条件なので、マイル以下の距離とは求められるものが違ってくる。桜花賞戦線に乗りかけた馬が転身してくるケースもあるが、そこでの実績を鵜呑みにはできない。

2.前走が条件戦でも問題ない

 一時期はフラワーCから回ってきた馬が主力を占めていた時期があったが、フラワーC組の勝利は10年が最後。以降の10年間では、前走1勝クラス(500万下)だった馬が7勝、オープン特別だった馬が1勝、未勝利戦だった馬が2勝となっている。

3.前走好走馬が中心

 過去10年の連対馬のうち、前走4着以下に敗れていた馬は4頭だけ。勝ち馬に限ると、10頭中9頭は前走1着だった。18年はチューリップ賞で4着だったサラキアが2番人気で4着、クイーンCで4着だったオハナが3番人気で14着など、前走がハイレベルなレースであっても、一度壁にぶつかった馬の巻き返しは容易ではない。

 パープルレディーは跳びが大きく、いかにも広い東京コースが合うタイプ。前走のゆりかもめ賞(1勝クラス)では牡馬との追い比べを制して2連勝を飾った。しばしばゲートを遅く出るので多頭数に替わってどうかという面はあるが、東京適性はここに入っても上位の存在だろう。3連勝で樫の舞台に名乗りを上げたいところだ。

関連リンク

  • 4/21 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます