スーパーリーグ参入クラブに所属する選手も続々反対「実現しないことを願う」

拡大画像を見る

リヴァプールのMFジェームズ・ミルナーは19日に行われたリーズ・ユナイテッドとの試合(1-1)後に、欧州スーパーリーグには興味がなく、実現しないことを願っていると語った。

「誰もが思っているように、答えを出すべき問題がたくさんある。私は自分の意見を述べることしかできない。それ(スーパーリーグ)が好きではないし、実現しないことを願っている」と、スーパーリーグの創設クラブのひとつであるリヴァプールのキャプテンは『Sky Sports』に語った。

この試合でリーズは、エランド・ロードに反スーパーリーグを訴えるメッセージを掲げた。また、試合中にもスーパーリーグを批判するバナーを掲げた飛行機がスタジアム上空を飛行した。

ミルナーは、マンチェスター・ユナイテッドのブルーノ・フェルナンデスやマンチェスター・シティのジョアン・カンセロと並んで、スーパーリーグに参加するクラブに所属する選手として反対の立場を表明した。

関連リンク

  • 4/20 19:00
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます