付き合っていると思っていいの?蓮佛美沙子“燈子”、安藤政信“ミツヤス”の答えに唖然!

拡大画像を見る

蓮佛美沙子が主演を務めるドラマParavi『理想のオトコ』(テレビ東京系、毎週水曜24:40~)の第3話が、4月21日に放送される。

本作は、チカによる「理想のオトコ」(講談社パルシィ所載)が原作。LINEマンガにて連載がスタートし、現在までの累計閲覧数は380万回を突破。ヒロインたちの感情に共感者が続出し、等身大のリアル過ぎるストーリーとして人気を集めた本作品は、仕事に恋に、そろそろ将来を真剣に考え始めた男女が繰り広げる心の葛藤を描いた大人の恋物語だ。蓮佛は、恋愛から久しく遠ざかっている32歳独身の美容師・小松燈子を演じる。

第2話の放送後、安藤政信が演じるラブコメ&不器用な漫画家・ミツヤスのシャワーシーンについて、インターネット上では「彫刻がシャワー浴びてるのかと思った」といった声が上がっていた。

<第3話あらすじ>
何度か連絡を取り合い、会うようになった燈子(蓮佛)とミツヤス(安藤)。会う毎に燈子はミツヤスへの思いを募らせていた。告白の言葉こそ無いが体の関係はある。付き合ってると思っていいよね? 久しぶりの恋に戸惑いながらも、燈子はそんな期待を抱いていた。

しかし、ミツヤスのアシスタント・最賀(平井亜門)から二人の関係を聞かれ、ミツヤスの答えに燈子は唖然としてしまう。

一方、燈子の親友・安積茉莉沙(藤井美菜)もデザイナーの高野正巳(瀬戸利樹)からのアプローチに少しずつ惹かれていき……。

関連リンク

  • 4/21 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます