小学校の廃校をリノベーションした新たなグランピング施設が市原市に誕生!


千葉県市原市・高滝湖の湖畔すぐにある旧高滝小学校が、新たにグランピング施設「高滝湖グランピングリゾート」として4月20日(火)にオープンした。

廃校になった小学校がグランピング施設に


今回グランピング施設に生まれ変わるのは、2013年に廃校となった旧高滝小学校。市の遊休資産となっていた同校校舎内を改装し、家庭科室はフロントへ、


職員室や保健室などは浴室やトイレへリニューアル。


校庭には24サイトを造成。近くにある高滝湖湖畔の自然を感じながら、快適に過ごすことができるリゾート感のある施設だ。

テントの種類で選べる宿泊スタイル

同施設には食事付き宿泊プランが用意されていて、宿泊スタイルはテントの種類で選ぶことができる。


直径6mの大型「ドームテント」は、エアコンや冷蔵庫、ACコンセントを完備。季節問わず1年中快適に過ごすことができる。


クリア素材で作られた「クリアドームテント」では、夜は星空を眺めることができ、非日常の素敵な時間を過ごせる。カーテンがあるのでプライベートの確保も安心。


子どもに人気の「ベルテント」は、アウトドア好きにおすすめ。ほかのテント同様エアコンなども完備している。


さらに、ペット連れの人も安心して楽しめる「ペットが泊まれるテント」も、ベルテント1棟・ドームテント3棟の計4棟が用意されている。

食事はアメリカンスタイルのBBQ夕食&朝食


夕食は、千葉県産の地元の野菜や千葉県ならではの魚介を使ったBBQメニューを用意。


朝食は、自分で作るハンバーガーを楽しめる。食材・食器・器具はすべて用意されているので、手ぶらでOKなのも嬉しい。


非接触式の食材BOXを導入しているので、利用者のタイミングに合わせて受け取りができるのもポイントだ。


また、感染症対策として、短時間でできるスマートチェックインシステムも導入している。


このほか、キャンプファイヤーが荒天時以外毎夜開催されるので、家族やご友人と炎を囲んで素敵な時間を楽しむこともできる。

■「高滝湖グランピングリゾート」
住所:千葉県市原市養老1012-1

画像をもっと見る

  • 4/20 18:03
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます