長野県小布施町に信州産果物を使ったフルーツタルトのお店「KUTEN。」OPEN


4月24日(土)、長野県・小布施町内に、信州産の果物をふんだんに使ったフルーツタルトを製造・販売する「KUTEN。(くてん)」のカフェ兼販売店がオープンする。

“句点”をコンセプトとしたお店

「KUTEN。」オープン時に着想を得たのは、文の終わりや意味の区切りに付ける記号、句点。

食材を加工し販売する飲食店として、生産者と消費者をつなぐ橋渡しをしたい、喜んでもらえる料理を届けたい、廃棄される食材を無駄なく使いたい…そんな願いを込めて、店名およびブランド名を「KUTEN。」にしたという。

歴史を感じる店内でスイーツやランチを堪能


今回「KUTEN。」は、年間120万人が訪れる県内有数の観光地・小布施町のなかでも名所として知られる、岩松院にほど近い元土産店の物件をリノベーションして、カフェ兼販売店をオープン。


町の歴史を色濃く残した店内で、小布施町の豊かな景観を眺めながら、地産食材を使ったスイーツやランチを楽しめる。

長野県北信地域のフルーツを使用


同店のタルトの生地には、小布施町の周辺地域で作られる卵や牛乳、小麦を使用。さらに、規格外であることを理由に市場で流通されない果物を積極的に仕入れてお菓子にすることで、新しい食の循環づくりに取り組んでいる。

旬の果物をふんだんに使ったタルトケーキ

また「KUTEN。」では、タルトや焼き菓子のほか、素材として使われる農産物まで、店舗およびオンラインストアを通じて全国に届けている。


旬の果物をふんだんに使ったタルトケーキには、レアチーズケーキにブルーベリーソースを調整しながら流し込んだ、色鮮やかさが目を引く「山ノ内産ブルーベリーと3層チーズのタルト」15cmホール/3,300円(税込・送料別)や、


全国でもりんごの産地として名高い、山ノ内町で収穫される“サンふじりんご”を使用した「山ノ内産りんごと紅茶のタルト」15cmホール/3,200円(税込・送料別)、


北信州でさまざまなフルーツを育ててきた丸山いちご園が丹精を込めて作る、佐賀県誕生の品種“さがほのか”を使った「北信州産春いちごのタルト」15cmホール/3,300円(税込・送料別)などがラインアップ。商品の詳細は「KUTEN。」オンラインストアにて確認を。

長野県内でも有数のフルーツ産地である、北信地域のフルーツを使ったスイーツを堪能してみては。

■「KUTEN。fruit & cake」
住所:長野県上高井郡小布施町雁田604

画像をもっと見る

  • 4/20 18:03
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます