モテる女子がなぜ...!?学生時代にモテた人ほど「婚期を逃す」理由とは

拡大画像を見る

見た目も性格もよくて、学生時代にモテまくってた女子っていますよね。しかし、そんな人ほどなかなか結婚に至らないケースが多々あるようです。なぜモテる女子が「婚期を逃す」のか、その理由を探ってみましょう。


自分からアピールができない

男女関係なく、相手から求められて恋愛をしてきた人は自分から異性にアピールすることが苦手なようです。好きな相手を振り向かせるのにどういったことをすればよいのかわからないという方もいます。いざ好きな相手ができても、自分から行動できないのは大きな痛手となるでしょう。


精神的に弱い一面がある

学生時代に好きな人と付き合えなかったり、辛い失恋の経験があったりする女性は、それを糧に精神的に強くなった方もいるでしょう。しかし、自分の望む相手を全て手にしてきたようなモテ女子だった人ほど、いざ本気の恋愛になってうまくいかずメンタルを疲弊させてしまうことも......。自分の思うようにいかない恋愛に疲れてしまい、婚活を諦めてしまう方もいるようです。


選り好みしてしまう

モテ女子は、とにかくたくさんの男子に言い寄られたり告白されたりしているので、その中から自分好みのイケメンを選び放題だったはず。その時の感覚が抜けきらず、外見や年収ばかりにこだわって選り好みしてしまうのも原因の一つです。外見や年収も大事な要素ではありますが、婚活ではそれ以上に相手の内面に注目することが重要です。


男性より下手に出るのが苦手

初対面の相手であれば、ある程度は謙遜した態度で接することも必要です。しかし、男性が自分を気遣うのが当たり前だったモテ女子は、彼らより下手に出るのが苦手な方もいるようです。基本的に男性は奥ゆかしさを感じる女性に魅力を感じます。妙に態度が大きかったり、自分本位の言動が目立ったりする女性は、婚活男性からはあまり好まれません。


学生時代にモテていた女性は自分からアプローチするのが苦手だったり、こだわりが強すぎたりして婚活がうまくいかなかった方もいるようです。まずは、婚活男性がどんな女性を求めているのかを理解することが大事になります。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/20 11:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます