本田翼[イベントレポート]自身が製作総指揮を務めるスマホ向けゲームアプリ『にょろっこ』お披露目! 「今までゲームに触れる機会がなかった方や幅広い世代の方に届いたら」

本田翼が、本日4月20日(火)に開催された自身が製作総指揮を務めるスマホ向けゲームアプリ『にょろっこ』のタイトル発表会<ほんだのげーむ タイトル発表会>に登場した。同イベントには本田のほか、開発をサポートする川口智基(株式会社フォワードワークス)、米倉規通(日本マイクロソフト株式会社)も登壇し、2021年初夏にリリース予定のゲームをPR。本記事ではそのオフィシャルレポートをお届けする。

同作は“ビジター(天使)”と“キーパーズ(人間)”がチームに分かれて8人で戦う、非対称型対戦のサバイバルアクションゲーム。6人が“キーパーズ(人間)”、2人が“ビジター(天使)”を操作し、10分間で各チームの勝利条件達成を目指す。

また、同ゲームは6ヵ月間の期間限定サービスとなり、期間中にはさまざまなイベントやキャンペーンが楽しめる<にょろっこ祭>が随時開催される。

2019年6月に始動したこのプロジェクトは、“いつかゲームを作ってみたい”という本田の夢を叶えるため、日本マイクロソフトがゲーム開発を支援し、スタートしたもの。

本田は、開発中の苦労について、“方向性が決まらない時期が6ヵ月ほどあったのですが、コンセプトが決まってからは、ゼロからキャラクターを自分で描きました”とコメント。

これに対し、米倉は“キャラクターや世界観感の原案がしっかりしていたので、すぐに「これでいいじゃん!」となった”と、本田のアイディアに感心したことを明かした。

また、米倉は“(本田は)社会人になってみたいという夢があったので、本田さんにはマイクロソフトに出社していただこうと思っていました。残念ながら出社することはできませんでしたが、オンライン会議を通してゲーム開発以外のことにも挑戦することができました”と語った。

また、本田自らが説得して、パブリッシャーとしてゲーム運営を務めるフォワードワークス社を口説き落としたとのことで、川口は“ユーザー体験として、実現させたいという気持ちのこもったプレゼンテーションでした”と述べ、彼女の熱意に自然と賛同できたことを明かす。

一方、本田は“ゲームを作るならば、ゲームを楽しんでもらう人に還元したかったのですが、作りたいものと予算のバランス調整や運営について考えなければならないことも多くあり、大変でした”と、製作総指揮ならではの悩みも絶えなかったと振り返った。

さらに、ノスタルジックなゲームの世界観について、本田は“私が団地育ちだったので、自分が住んでいた町のイメージを作りました。子どものころ遊んでいたものや公園を再現しました”とコメント。

続けて、お気に入りのキャラクターについては、“「蚊」というキャラクター。書いたときにこれだ!って思うくらい、蚊をちゃんと描けました”と述べ、ユーモア溢れるトークで場を和ませた。

最後に、ゲーム開発を担当した米倉は“人の夢を叶えるお付き合いをしていく中で、本田さんの夢のお手伝いをサポートできたことを大変嬉しく思っています。サポーターとして、ファンとして『にょろっこ』がより多くのお客さまに遊んでいただけることを楽しみにしています”とコメント。

パブリッシャーを担当する川口は“パブリッシャーとしてできるだけ早くリリースできる準備をしっかり進めていきたいと思っています。ユーザーのみなさん、本田さん、日本マイクロソフトさんと一緒に盛り上げていきたいと思っています”と意気込みを語った。

そして、本田は“まず、ゲーム開発の機会を経験させていただいたことに感謝しています。オンラインで手軽に無料でできるゲームなので、今までゲームに触れる機会がなかった方や幅広い世代の方に届いたらいいなと思っています”と想いを伝えた。

発表会を前に、緊張して“昨夜は眠れなかった”と明かした本田だったが、最後はリラックスした表情でイベントを締めくくった。

※画像は開発中のもの。内容・仕様は予告なく変更になる場合あります。

『にょろっこ』
ジャンル:天使と人間のサバイバルアクション
対応:iOS/Android
利用料:基本プレイ無料(アプリ内課金あり)
配信日:2021年初夏
配信元:株式会社フォワードワークス

©Honda Co., Ltd. Published by ForwardWorks

関連リンク

公式サイト公式Twitter

関連リンク

  • 4/20 16:40
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます