本田翼、自身プロデュースゲーム発表にド緊張「昨日の夜眠れなかった」

ゲーム好きで知られる女優の本田翼が20日、都内で自身が初プロデュースした新作ゲーム『にょろにょろ対戦ごっこ にょろっこ』の発表記者会見を行った。


同ゲームは、昭和テイストのノスタルジックな世界観で人間VS天使の鬼ごっこ的バトルが展開するオンラインゲーム。2021年初夏より、6か月間の期間限定で配信される。約2年かけて原案・キャラクターデザインなどをゼロから手掛けた本田は、製作総指揮として登場。「正直昨日の夜は眠れなかったです。こんなの久しぶり」と緊張していた。





ゲーム開発に初めて着手した理由について本田は「ゲームや漫画好きが偏った見方をされる、その状況を変えたい」と宣言。かつて本田もそのような偏見の目に悩まされていたそうで「取材などで『趣味は何ですか?』と聞かれたときに、8年くらい前まで“ゲームや漫画”とは言い出せませんでした。当時はゲームや漫画が趣味として認知されておらず、ゲームや漫画は偏った人間が好きなものという見方があった」と打ち明けた。それだけに今回のゲームは「ゲームに触れたことのない人にこそプレイしてほしい」と願っている。


製作総指揮としての苦労を聞かれた本田は「挙げたらきりがない」と苦笑しつつ「一時期は企画自体がなくなるのではないかと思うくらい頓挫した時期もありました。ゼロから自分が発案してやらせていただいたので、その分時間もかかった」と長い道のりを回想。


最も頭を悩ませたのは「予算管理」といい「お金の工面はとても大変。ゲーム作りに協力してくれた方々に還元しないといけないし、その上で自分の好きなものを作り上げるにはどうしたらいいのかと考えて、そうなるとお金はもっと必要になって…という繰り返し」と製作総指揮としての奮闘を明かした。


関連リンク

  • 4/20 12:49
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます