新しい旅のカタチ!那覇空港からホテルへロードバイクで行くプランが新登場


カトープレジャーグループ(KPG HOTEL&RESORT)が運営する「グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート」が、那覇空港からホテルまでロードバイクで向かう新しい旅のカタチ「Fly To Ride」のプランを発売した。

空港からロードバイクでホテルまで!

「グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート」は、屋外に一年を通して加温されている「ウォーミングプール」や、全室50平方メートル以上の客室などを設えた、リゾートを満喫できるホテル。


今回登場したのは、那覇空港に到着したらレンタルのロードバイクに乗ってホテルに向かうプラン。手荷物を1つホテルまで無料配送してくれる「お手荷物らくちん便」や、空港とホテル間のMAPもついているので、気軽にロードバイクでの移動を楽しめる。また、この企画は、自転車の導入により少しでもCO2の削減に繋がる新たな旅の
スタイルを定着させることを目的としているという。空港からホテルまでは約30km。


沖縄の碧い海と爽快な風を受けて、時間の許す限り遠回りして、これまで体験したことのない旅を体験しよう!

沖縄の地にいることを実感できる


同プランでは、路地に入って赤瓦の家やそれを守るシーサーを眺めたり、おしゃれなカフェに立ち寄って人の温かみに触れたりなど、自由に自分時間を楽しめるのが魅力。


目的地まで道を変えて海沿いを走ると、青い水平線がどこまでも続く。ペダルを踏みながら、沖縄の地にいるという事実を噛みしめることができる。


心地よい疲れとともにホテルに入ると、スタッフの優しい声に迎えられ、バルコニーで青い空に沖縄の風を感じながら今日の道のりを振り返る心地よさ。体を動かす旅は、心を前に進めてくれるということを体感できる。

プランの詳細は、専用予約サイトをチェックまたはホテルへ問い合わせを。

画像をもっと見る

  • 4/20 11:45
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます