櫻坂46 菅井友香、キャプテンとして奮闘した日々を振り返り、これからの決意を明かす! 『あの日、こんなことを考えていた』発売決定

拡大画像を見る

櫻坂46の菅井友香が、5月6日(木)に『あの日、こんなことを考えていた』(日経BP)を出版する。

2017年1月に欅坂46のキャプテンに任命され、櫻坂46に改名後も2021年1月よりキャプテンに就任。

櫻坂46では1stシングル「Nobody's fault」、2ndシングル「BAN」とすべての楽曲で1列目、2列目でパフォーマンスする“櫻エイト”の1人にも選抜されている菅井友香。

同書では、そんな彼女の日々の奮闘や、“欅坂46らしさ”を追求していく中での葛藤、ソロで舞台<飛龍伝2020>に挑み成長していく過程などを綴った、月刊誌『日経エンタテインメント!』(日経BP)での連載「菅井友香のお嬢様はいつも真剣勝負」を第1回(2018年7月号)から最終回(2020年11月号)まで完全収録。

さらに、3つのテーマに沿って、大ボリュームの書き下ろしを追加。

1.「はじめに」
“予想外の出来事が続発したライブ”“メンバーたちの卒業や脱退”“櫻坂46への改名決定”など、いくつものターニングポイントにおいて連載当時には語りきれなかった本心と舞台裏、櫻坂46として前に進んでいく決意を明かす。

2.「櫻坂46のメンバーへ贈る言葉」
今までも、これからもともに坂道を登っていく仲間たち24名への感謝のメッセージ。

3.「プライベートについて」
オフの日の過ごし方など素顔を語り、お気に入りの馬グッズも披露。

また、3つの書き下ろしテーマに合わせて、欅坂46での活動の集大成となった2020年10月開催の<THE LAST LIVE -DAY1->での衣装、櫻坂46デビュー時の制服、そして私服と3着の衣装での新規撮り下ろし写真も掲載。

なお、書籍のタイトル『あの日、こんなことを考えていた』を命名した総合プロデューサー秋元康からは、“菅井友香はいつだって等身大だ。正直すぎるんじゃないかと、まわりが心配するほどである。今からでも遅くない。みんなであの頃の菅井を支えてあげて欲しい”という帯文が寄せられている。

『あの日、こんなことを考えていた』
著者:菅井友香
発売日:2021年5月6日(木)(全国書店で順次発売)
定価:¥1650
発行:日経BP
発売:日経BPマーケティング
仕様:四六判/並製/216ページ
※「特製ポストカード3枚」封入

関連リンク

  • 4/20 11:06
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます