北乃きい、“ヤンキー雑誌愛読”告白で「地は清純派じゃなかった」に現実味!

拡大画像を見る

 清純派女優として人気を得たものの、2010年に俳優とホテルから出た直後に濡れ髪のまま路上抱擁とキスをする様子を報じられ、”イメージ崩壊”を起こした北乃きい。

 ファンからは「イメージぶち壊し」「俺たちを裏切った」と大ブーイングを浴びた。だが、そもそも北乃は清純派ではなく、むしろヤンチャであるとの指摘もある。そして今回、北乃の発言によっていわゆる“ヤンキー”だった可能性が非常に高いことが明らかになったのだ。

 それは4月8日放送の「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)でのこと。以前に番組で取り上げた一般人が何者なのか解き明かすコーナーで、茨城県の男性を取り上げた。男性は元ヤンキーで“伝説のヤンキー雑誌”と言われる「チャンプロード」(16年に休刊)に載ったことがあると話した。

 すると北乃は食いつき気味に「チャンプロードに載ったことがあるってヤバくないですか?」、「私、チャンプロード見て育ったんですよ。ティーン雑誌よりもチャンプロード」と話したのである。

「北乃が愛読していた『チャンプロード』は暴走族の実態を紹介した雑誌で、暴走族の紹介やバイクの改造を取り扱っていました。暴走族か、暴走族好き以外の人は、ほとんど読まなかったんじゃないでしょうか。北乃の言い方だと、愛読していたようですから、これを読んでいたということは、北乃は立派なヤンキーだった可能性が極めて高いんじゃないでしょうか」(週刊誌記者)

 チャンプロードにすっかり興奮ぎみの北乃は、その後も「(出身地の)横須賀はチャンプロード」、「チャンプロードに載ったと聞いて頭上がらないですね」と発言。そんな北乃だけに、路チューも何だか、彼女にとっては、ごく日常茶飯事のことに思えてくる…。

関連リンク

  • 4/20 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます