「今までありがとう、ボス」…ケインが電撃解任のモウリーニョに惜別メッセージ

拡大画像を見る

 トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインは、19日に同クラブから電撃解任が発表されたジョゼ・モウリーニョ氏に対し、自身のSNSで感謝のメッセージを送った。

 トッテナムは19日、ジョゼ・モウリーニョ監督および4名のコーチングスタッフを解任したことを発表。2019年11月からスパーズの指揮官を務めていたモウリーニョ監督だが、今シーズンはここまでリーグ戦32試合を終えて勝ち点「50」で7位につけており、特にプレミアリーグ後半戦での不振が解任の理由となったと考えられている。

 モウリーニョ氏が率いたスパーズでエースとしての活躍を見せたケインは、19日に自身の公式Twitterアカウントを更新。電撃解任となった指揮官との突然の別れを惜しむメッセージを投稿した。

「今までありがとう、ボス。あなたとともに働けたことは光栄だ。次の章でのボスの幸せを祈るよ」

 なお、ケインはモウリーニョ氏がスパーズを率いた間、公式戦62試合で62ゴールに直接関与(45ゴール、17アシスト)。この期間にプレミアリーグの選手が記録した数字では最多を誇っており、その相性の良さも惜しまれることとなるかもしれない。

関連リンク

  • 4/20 8:37
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます