森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ

拡大画像を見る

 昨年12月にオリコンが発表した「好きな女性アナランキング」ではV2を達成し、“女王”の座に君臨する人気アナが窮地に!?

 2016年スタートの「激レアさんを連れてきた。」をはじめ、夜の人気番組3本をレギュラーに持ち、フォトエッセイ「弘中綾香の純度100%」をリリースすれば、たちまち重版。女子アナ界で「敵なし」と評されたテレビ朝日の弘中綾香アナ(30)の周囲が慌ただしい。

 これまで幾度もフリー転身説がささやかれてきたが、同僚の森川夕貴アナ(27)が電撃婚を発表したことで、独立に「待った」の声がかかりそうなのだ。同局関係者が語る。

「自身の商品価値があるうちに退社したい弘中アナと、可能な限り引き止めたい局の間で、これまで何度となく交渉を重ねてきた結果、『フリー転身は22年の春』というのが既定路線だったのですが、4月12日に発表された森川アナの結婚によって風向きが大きく変わってきたんです」

 背景には森川アナの男性人気の高さがあった。

「男性視聴者の注目度の高さで弘中アナに引けを取らない森川アナの結婚は局にとって大きな痛手。今のところ結婚後も仕事を続ける意向を示していますが、今後、妊娠・出産となれば長期離脱は避けられない。戦力ダウンを極力おさえるためにも、弘中アナに辞められたら困る状況になったというワケです。弘中アナの円満フリー転身プランは頓挫寸前ですよ」(前出・テレ朝関係者)

 さらには後輩アナによる「弘中包囲網」まで完成しつつある。

「バラエティ番組で活躍した竹内由恵(35)、宇賀なつみ(34)の退社後、弘中アナにとって局内のライバルがいなくなり『弘中一強』の状態が続いていましたが、ここにきて次々と後輩アナのバラエティ適性が開花。ウカウカしているといつポジションを奪取されてもおかしくない状況になっているんです」(前出・テレ朝関係者)

 中でも著しい成長ぶりを見せているのが4年後輩にあたる三谷紬アナ(27)だ。

「昨年からYouTubeテレ朝公式チャンネルの『10キロダイエット』シリーズで注目を集めている三谷アナですが、このところボディだけでなくトークも進化を遂げているんです」(前出・テレ朝関係者)

 その成長ぶりはプロレス番組で確認できるという。

「レギュラーを務める『新日ちゃん。』では新日本プロレスのレスラーを相手にグイグイ切り込んでいる。プロレスファンの間でも『三谷のプロレス愛はホンモノ』と認められています」(前出・テレ朝関係者)

 4月20日発売の「週刊アサヒ芸能」4月29日号では、局内で台頭する「ポスト弘中」から、敵意をむき出しにするフリーアナまで、8人の刺客が仕掛ける包囲網の全貌に迫っている。

関連リンク

  • 4/20 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます