絶対みんなに言ってるだろ!男が使う【どうでもいい女用】の口説き文句

拡大画像を見る

男性から甘い言葉をささやかれると、つい流されそうになってしまう女性も少なくないですよね。でも、男性はよくも悪くも気持ちに正直なもの。甘い言葉の中に、真意が隠されていることもあるんですよ。
今回は、男が使う「どうでもいい女用」の口説き文句を4つ紹介します。


「かわいいね」

意中の男性から「かわいいね」と言われると、嬉しくて舞い上がってしまいますよね。でも実は、この言葉は男が使う「どうでもいい女用」の口説き文句の1つなんです。女性が喜ぶことを知っていて「あえて」言っている場合も…。
男性があなたに好意を持っているのであれば、外見だけでなく内面も褒めてくるでしょう。外見ばかりを褒めてくる男性には注意が必要です。


「家くる?」

男性にとってどうでもいい女性であれば、すぐに家に誘ってきます。付き合う気はありませんが、段階を踏まずに一線を越えようとしてくるんですね。
相手が本命女性であれば、嫌われるのが怖くてすぐに家に誘うことなんてできません。出会って間もないのに「家くる?」と誘ってくるのは、どうでもいい女性扱いされている可能性大ですよ。


「付き合ってみる?」

「付き合ってみる?」という言葉も、「どうでもいい女用」の口説き文句の1つ。男性は、本気で好きな女性にはきちんと告白して付き合いたいと思うものです。
お酒を飲んだ流れの「とりあえず付き合ってみる?」という軽い告白には要注意。真剣に付き合う気はないと思ってよいでしょう。


「また遊ぼうね!」

好意のある相手から「また遊ぼうね!」と言われると期待してしまいますよね。でも、この言葉も「どうでもいい女用」の口説き文句です。
本当に遊ぶ気があれば、具体的な日時を決めようとします。あやふやなまま終わるのであれば、その場の流れで言った「社交辞令」の可能性も…。振り回されないように注意してくださいね。

男性から好意のある言葉を言われると嬉しくなってしまいます。でも、軽い気持ちで口説き文句を言う男性がいるのも事実。言葉ではなく「行動」を見て、彼の真意を見極めてくださいね!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/20 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます