リヴァプール、4連勝ならず…マネ弾で先制も土壇場の失点でリーズとドロー

拡大画像を見る

 プレミアリーグ第32節が19日に行われ、リーズとリヴァプールが対戦した。

 お互いリーグ戦3連勝中のリーズとリヴァプールが激突した。前日に欧州スーパーリーグ(ESL)参戦を表明したリヴァプールに対し、ホームのリーズは試合前のウォーミングアップで選手たちが「フットボールはファンのためにある」などと書かれたTシャツを着用。さらにイギリスメディア『BBC』によると、スタジアム周辺には約700人のファンが集まり、ESL創設への抗議を行った。

 試合はリヴァプールが立ち上がりに相手ゴールへ迫り、5分にチアゴ・アルカンタラがペナルティエリア前から強烈なミドルシュート。だが、これは相手GKイラン・メリエのセーブに阻まれた。

 対するリーズは24分に絶好のチャンス。カルヴァン・フィリップスが高い位置で相手のパスをカットし、素早く前線へスルーパスを送る。反応したパトリック・バンフォードがエリア中央へ抜けたが、シュートはGKアリソンの好セーブに防がれた。

 試合が動いたのは31分、リヴァプールはディオゴ・ジョッタがセンターサークル付近からエリア右へ絶妙なロングパス。走り込んだトレント・アレクサンダー・アーノルドが相手GK目前で中央に折り返すと、サディオ・マネが無人のゴールに流し込んで先制点を奪った。

 1点を追うリーズは、後半に入って60分にCKの流れでエルデル・コスタが右ポスト前からボレーシュート。69分にジャック・ハリソンがエリア左から狙ったが、どちらも得点には結びつかない。75分にバンフォードが放ったシュートも枠に直撃。77分には、タイラー・ロバーツがエリア中央フリーでパスを受けたが、シュートはGKアリソンに阻まれてチャンスを生かせなかった。

 それでも、リーズは87分に反撃が実る。ハリソンのCKから中央のディエゴ・ジョレンテがヘディングシュートを叩き込んで同点ゴールを挙げた。追いつかれたリヴァプールは後半アディショナルタイム2分、アレックス・オックスレイド・チェンバレンがエリア中央からシュートを放ったが、GKメリエにセーブされた。

 試合はこのままドローで終了。リヴァプールは1点を守りきれず、リーグ戦4連勝を逃した。リーズも連勝が3で止まったが、5試合負けなし(3勝2分)となった。次節、リヴァプールは24日にホームでニューカッスルと、リーズは25日にホームでマンチェスター・Uと対戦する。

【スコア】
リーズ 1-1 リヴァプール

【得点者】
0-1 31分 サディオ・マネ(リヴァプール)
1-1 87分 ディエゴ・ジョレンテ(リーズ)

関連リンク

  • 4/20 5:57
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます