「眞子さまはチーム小室の一員」皇室ウォッチャーが、小室圭さんの「金銭トラブル」説明文書にツッコミ!

 秋篠宮家の長女・眞子さまとの結婚延期問題に揺れる小室圭さんが4月8日、かねてから物議を醸していた母・佳代さんと元婚約者の金銭問題に関する説明文書を公表した。

 小室家側のトラブルに対する認識がつづられた同文書は、実に「A4用紙28枚分(概要・本文・脚注)」という“大長編”で、世間は呆気に取られることに。一方、A氏に工面してもらった約400万円はあくまで贈与であり、解決金を支払った場合、借金の返済だと誤解されかねないので避けてきたという説明には、「苦しい言い訳」「屁理屈」と大バッシングが巻き起こった。

 しかし、同12日には一転、小室さんの代理人が「解決金を支払う意向」であると発表するなど、事態は混迷を極めるように。一体この金銭トラブル、そして結婚問題はどう決着するのかと、国民は固唾をのんで見守っている状況だ。今回は、皇室ウォッチャーX氏に、この小室文書をどう読んだのか、話を聞いた。

とにかく読みづらい小室文書

--「A4用紙28枚分」という膨大な量の小室文書ですが、率直にどのような感想を抱きましたか?

皇室ウォッチャーX(以下、X) 文書を公表したことに関しては、「やっと動いたか……」という感想を持ちました。婚約延期が発表された2018年、秋篠宮さまがお誕生日会見で、金銭トラブルに関して“それ相応の対応”を求められましたが、小室さんはほとんど行動を起こさなかった。19年1月に、トラブルに対する親子としての認識を述べる文書を1枚公表したくらいです。

 昨年11月に秋篠宮さまがお誕生日会見で、再び「見える形(の対応を)にすべき」とご発言されたことから、小室さんとしては「金銭トラブルの経緯」を事細かに説明しようと思ったのでしょう。しかし、内容もさることながら、何より文量の多さ。概要・本文・脚注という3部構成で、本気度こそうかがえましたが、とにかく読みづらく、読む側への配慮が足りないと感じました。

--金銭問題について、平たくいうと「約400万円は借金ではない」「借金があったと捉えられかねないので解決金を支払わない」と説明していますが、この説明についてはどう思われましたか?

X 女性誌が金銭問題をスクープした後、小室さん親子は数回にわたって秋篠宮ご夫妻と面会していたそうです。その際にも「あれは借金ではない」と強気の主張をしていたといいます。ご夫妻に対してそう主張していたこと、また国民から「あの親子は借金をする人間なんだ」と思われたくなかったことから、これまで元婚約者の方への返金を渋っていたのでしょう。

 しかし、佳代さんから元婚約者に送られた「お借りしてもよいでしょうか」といったメールの存在も報じられていますので、「借金ではない」というのは、苦しい言い訳だと思います。本当にそう認識していたとしても、支援を受けていたのは事実ですから、自分たちの理屈は一旦引っ込めて、元婚約者への思いやりを持つべきで、それを示してほしかったです。

--ほかにも、「ここはツッコミたい」と感じた箇所はありましたか?

X 小室さん親子は、元婚約者が「全面的にバックアップします」と、あたかも自発的に金銭を払っていたように文書で述べていましたが、当初から元婚約者のほうは、佳代さんから「ヘルプしてほしい」と言われ、将来の家族になるから必死でお金を支援していたと週刊誌などで報じられています。文書内の説明でも、生活費用や小室さんの大学費用、留学費用に関し、佳代さんが元婚約者にお金を工面してほしいとお願いしたのではないかと匂う記述があり、明らかに小室さん親子側から求めていたと推察できます。

 また、特に気になったのは、佳代さんと元婚約者の間で婚約解消の話し合いが行われていた際に、小室さんが“とっさに録音していた”という点です。お金を返す返さないという話になったからといって、当時20歳前後の小室さんが、証拠を残す目的でそのやりとりを録音するなんて、正直言って驚きました。

 個人的な意見ですが、元婚約者からの支援額が大きくなりすぎて、いずれこういった話になると予測していたからこそ、録音の準備をしていたのではないかと勘繰ってしまいました。

--文書全体を読んでみて、小室さんサイドは、マスコミや元婚約者に対し、どのような感情を抱いていると思いましたか?

X 小室さんは文書内で“切実に名誉の問題だった”など、自分たちのプライバシーが侵される報道があったという主旨の言葉をつづっていました。婚約延期になってからというもの、確かに小室さん親子に関する報道、主に週刊誌記事には、プライバシーを侵害する範囲であったり、その真偽を疑うようなものもあったのは事実。そういった記事も小室さんは読んでおり、このタイミングで強く抗議したかったのだと思います。

 元婚約者も当初は各報道媒体に対して、金銭問題とは関係ないようなエピソードをマスコミに披露していたので、小室さんとしても許せない部分があったのでしょう。確かに、それらの報道のせいで自分たちの尊厳が損なわれたり、国民からのバッシングにつながったことは否定できません。

--文書で「解決金を支払わない理由」を述べたのに、結局、支払うという意向だそうですが、小室さん側の意図をどう思いますか? 

X 金銭問題をクリアしなければ、一般の結納にあたる「納采の儀」は行えず、眞子さまとの結婚が遠のいてしまう。そんな中、元婚約者との話し合いがうまくいかずに頓挫してしまったことから、もはや「相手が求めているお金を払うことでしか、問題を解決できない」と判断したのでしょうが、解決金を支払うにしても、まずは何よりも「私たちは正しく、元婚約者に非がある」と、どうしても言いたかったのだと思います。

--眞子さまや秋篠宮さまは、解決金の支払いについてどう受け取っているか、ご見解をお聞かせください。

X 眞子さまは“チーム小室”の一員のようですし、解決金の支払いに関しても、「結婚のためにはやむを得ない」と思われているでしょう。また、秋篠宮さまも、これ以上問題を引き延ばしたくないことから、解決金支払いの意向を黙認されているのではないでしょうか。

  • 4/19 20:38
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます