紀平梨花、羽生結弦&宇野昌磨らと撮影の“チームジャパン”オフショットに反響

 フィギュアスケート選手の紀平梨花が19日未明にインスタグラムを更新。世界フィギュアスケート国別対抗戦に出場した羽生結弦や宇野昌磨ら“チームジャパン”の仲間と共に撮影したオフショットを公開すると、ファンからは「とてもいい笑顔」「チームJapan♪よきよき」といった声が相次いだ。

 紀平は15日から18日の4日間、大阪市内で行われていた「ISU世界フィギュアスケート国別対抗戦2021」に出場。大会最終日となった18日にはエキシビションが行われたが、紀平は腰痛のために欠場となった。

 大会最終日が幕を閉じた日の深夜に紀平が「世界フィギュア国別対抗戦終了しました!」と投稿したのは、チームジャパンの面々と映った複数の写真。1枚目は出場選手のサインが入った日の丸を囲んで、紀平を始め羽生や宇野、ペアの三浦瑠来、木原龍一らメンバーが笑顔を見せる集合写真。2枚目以降にもセレモニーの最中に撮影された写真やバックヤードで撮影された記念写真が公開されている。

 紀平は今回の大会について「チームジャパンのみんなに助けられ、支えられて最後まで滑り切ることができました」とつづると「しっかり腰を治して来シーズンはもっと強くなってきます」とコメントした。

 最終日を欠場することになった紀平を心配するファンからは「お疲れ様!腰痛の痛みは大丈夫かなぁ」「ゆっくり休んで腰を治してください」「腰、早く良くなりますように」などのメッセージが寄せられた。さらに彼女が披露したチームジャパンの記念写真についても「とてもいい笑顔ですね」「素敵でほっこりしたチームJapan♪よきよき」といったコメントも集まった。

引用:「紀平梨花」インスタグラム(@rikaskate0721)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/19 17:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます