国内初! フットゴルフの小学生対象ツアーが開幕!

拡大画像を見る

 一般社団法人日本フットゴルフ協会が主催する国内初となるフットゴルフのジュニアツアー『全日本ジュニアフットゴルフツアー2021 supported by ジーク』の初戦が18日に、栃木県の那須国際カントリークラブで開催された。

 記念すべき初戦は、4年生から6年生まで11人の小学生が参加し、同カントリークラブのフットゴルフ常設コースをプレーした。優勝したのは、6アンダー62と大人顔負けのスコアで回った下澤昂太(6年生)くん。ゴルフ場でサッカーボールを蹴ることは滅多にないが、「フットゴルフは、上りや下りなど色々なところからキックできるのが楽しい」とフットゴルフの魅力にハマった様子。見事に初戦のチャンピオンとなり「また参加してみたいです」と笑顔を見せていた。



 同協会では小学校への競技普及にも力を入れており、栃木県さくら市では昨年、フットゴルフタウン推進委員会が発足し、市内小学校の体育授業でフットゴルフを実施。都内の小学校では体験授業を行ったほか、3月には神奈川県茅ヶ崎市の茅ヶ崎ゴルフ倶楽部で実施された浜須賀小学校6年生の卒業イベントでもフットゴルフが体験コンテンツとして取り入れられるなど、体験の場を増やしている。

 今回のツアーは、こうした競技体験をさらに進化させ、小学生に体験や練習の成果を発揮する場を提供しようと導入したもの。ツアーは12月まであと5試合が予定されており、ポイントランキングはあるものの、一大会から参加できるという。

関連リンク

  • 4/19 18:19
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます