スクラッチで簡単「おうちで競馬」 社員旅行のド定番、昔懐かし「ダービーレースカード」

【おうちで遊べるおもちゃ(47)】

銀紙を削ると、勝者と配当がすぐにわかる紙競馬「ダービーレースカード」。お菓子など、配当になる「景品」を用意して、勝つと思う馬を予想して選び、スクラッチを削るだけの簡単なルールだ。商品の特性上、子どもが遊ぶことはできないが、レースが無い日でも「おうちで競馬」を楽しめる。

玩具問屋の堀商店(愛知県名古屋市)の成瀬昭則さん曰く、いつの時代から存在するかは不明だが、50代~60代にとっては社員旅行やグループ旅行時の定番アイテムだったのではないかという。そのうえで「新型コロナウイルスが落ち着いて心置きなく旅行に行けるようになったら、このダービーレースカードもお供させてくださいね!」と勧めている。

競馬といえば、昨今ではスマートフォンゲーム「ウマ娘プリティーダービー」が注目を集めている。競馬への売上貢献に加え、元競走馬である「ナイスネイチャ」のバースデードネーションの寄付金額が1200万円(昨年度は約170万円)を突破するなど、「ウマ娘効果」が起きているのだ。「競馬に興味を持ち始めたけど、実際に見に行くのは敷居が高いし、ゲームアプリは難しそう」と感じている人は、まずダービーレースカードから気軽に楽しむのもよいだろう。<J-CASTトレンド>

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/19 18:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます