倉科カナ、梶裕貴の生アフレコに感動しきり「語彙力失う」

拡大画像を見る

7月2日に全国公開するアニメーション映画『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』の公開アフレコイベントが19日、都内にて開催。梶裕貴、雨宮天、倉科カナ、川島明(麒麟)が出席した。


「週刊少年マガジン」の人気コミックを映画化する本作は、原作者・鈴木央による、TVアニメから続く“最終章のその先”を描いた完全新作オリジナルストーリー。梶が主人公・メリオダスを、雨宮がヒロイン・エリザベスを演じ、アニメ映画声優に初挑戦となる倉科は、エリザベスの母で女神族を総べる“最高神”を演じる。


倉科は、梶・雨宮に挟まれての公開アフレコに感激しきり。梶が発声する場面では手で口を抑え、目を輝かせていた。梶が「一緒にやるの始めてですよね」と笑うと、倉科は「感動しちゃって!」と喜んでいた。

今作については梶が「僕たちアニメ、TVシリーズが始まって7年近くともに過ごさせてもらっている。劇場版の公開は本当にうれしかったです」とコメント。倉科は「漫画も拝見していてアニメもずっと追いかけていて、いちファンだったので、まさか自分がその世界に入れると思っていなかったので、夢かなと思ってすごくうれしかったです。びっくりしました」とオファー時の心境を振り返った。


魔神A役の川島は、自身に似たビジュアルのキャラクターであることがうれしかったという。「家で何枚かコピーしました。娘が塗り絵してますけど」と笑わせた。



倉科のアフレコに関しては梶が「コロナ禍っていう状況もありまして一緒に収録はできなかったんですけれども、今回演じていらっしゃるお声を聴いて、最高神ってすごく難しいキャラクターだと思うんですけど、美しさを持ちつつ無機質な感じをすごく表現されていたなというのを感じました」と絶賛。雨宮も「絶対的な存在で、語尾の着地がすごく難しいなっていうのを声優をやっていて感じるんですけど、その語尾の着地が完璧。本当にあんまり声優ご経験されたことないんですか、というくらいびっくりしました」と驚いていた。


一方、倉科は梶・雨宮について「本当に感動しました。語彙力失うくらいすごい。感動しすぎて言葉が出てこない。ずっと観ていた声が隣でする!しゃべってる!って」と改めて喜びを口に。初挑戦となった声優に関しては「神であって人間ではないので、感情表現が難しい。みんなに対して上から目線で言葉を発するとか、攻撃を受けてもリアクションがどこまで浸透しているのかが難しかったです」としたうえで、「『目を開く音を出して下さい』って言われて。今までやったことのないチャレンジができたのですごく楽しかったんですけど、大好きな世界観を崩さないように頑張って最高神を演じさせていただきました」と語った。


さらに作品タイトルにちなんで「最近やってしまった罪なこと」を聞かれた場面では、倉科が「私、連絡がマメじゃない方で、先輩方から連絡がきても遅れることが多くって。舞台とかも公演していていっぱいいっぱいでほぼ連絡を返せていないという罪を犯しております」と苦笑していた。


『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』は、7月2日(金)全国公開

©鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

配給:東映

関連リンク

  • 4/19 17:48
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます