憧れの高級磁器ブランド「マイセン」のポーチで“整理上手”になれるかも!

拡大画像を見る

こんにちは、シティリビングWeb編集部のゆず子です。

リモートワークで散らかりがちな文房具…。
仕事用のデスクがなく、ダイニングテーブルで仕事をしているのですが、どう整理していこうかと悩んでいたところ、見つけました!

高級磁器ブランド「マイセン」のマルチポーチ



ヨーロッパ最高の硬質磁器と言われている「マイセン」。憧れの食器として、なかなか手が届かないという印象があるので、開けた瞬間の高揚感と言ったら…!

しかも今回、初のブランドブックということで、スペシャル感満載です♪

白に藍色のラインがよく映え、とてもさわやかな印象ですよね。キャンバス地にブルーオニオンの柄がプリントされていて、手触りも◎。

ロゴ部分はゴールドですが、それがとても上品。

また、マイセンの窯印「双剣」が、ファスナーの引き手部分にしっかりデザインされています。

「ブルーオニオン」とは?


1709年にヨーロッパで初めて誕生した硬質磁器ブランドである「マイセン」の食器は、食器という枠を超えて美術様式の歴史とも言われているそう。東洋の磁器に影響を受けたというだけあって、この「ブルーオニオン」も、どことなく親近感がわきます。

1739年にクレッチマーが中国写しの染付の技法を生かして完成させた「ブルーオニオン(青い玉ネギ模様)」。
この呼称は、柘榴(ザクロ)を玉ネギと間違えたため、という説明が定説になっています。中国のお皿に写実的に描かれた柘榴は、マイセンでも初期の頃には忠実に真似られていました。しかし、それもつかの間、見慣れぬ果物は馴染み深い玉ネギに姿を変え、桃のような果物、そして竹がバランスよく配置されることになりました。 組み合わされた数の神秘と共にこの図柄そのものの中にも、中国伝来のおめでたい「象徴」が描かれています。
https://www.meissen-jp.com/products/blueonion/


とにかく大容量でうれしい!


サイズは思ったより大きく、普段使っているSurfaceとほぼ同じ大きさ。

W27×H20.5×D1.5cm

仕事中、テーブルに広げている文房具も、余裕で収納できました!

A5版のノート、スケジュール帳、筆記用具、リモート会議などで使うイヤホン、USBハブ、出社した時に必携の社員証などなど、まだまだ入ります! 最近は書類を扱うことがほとんどないので出番がないですが、クリップやホチキスなどを入れてもいいですね。

大小10個のポケットもついているので、整理も簡単。後ろにもポケットがついているので、よく使うスマホなどを入れるのにぴったりです!

急な外出など、これとSurface、スマートフォンを持って出れば、どこででも仕事ができますし、慌てることもなさそうです。

私は文房具を収納しましたが、バッグ in バッグとして使ったり、コスメグッズを持ち運ぶときなどにも便利ではないでしょうか?

見かけたらぜひ手に取ってみてくださいね!

MEISSEN Special Book

関連リンク

  • 4/19 17:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます