株式会社TOKIOスタートから3か月「電話1台とペンケースだけ」の現状を救った大物女優

拡大画像を見る

 4月14日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、大地真央(65)とサブゲストのオアシズが登場した。大地は、同番組の前身である『メントレG』(フジテレビ系)に出演して以来13年ぶりの出演で、TOKIの国分太一(46)は「いろいろありましたよ、私達もこの13年の間でね」と報告。このもったいぶった言い方に、松岡昌宏(44)は「重みをつけるな」と苦笑いした。

 オアシズの大久保佳代子(49)が、「TOKIOに聞きたいんですけど、さんか最近“株式会社TOKIO”ってなって、Twitterとかも始めましたよね」と聞くと、城島茂(50)は「そそ、SNSね」と得意げにうなずいたが、国分から「やってないじゃん!」とツッコまれてしまった。

 4月から「株式会社TOKIO」としてスタートし、公式に会社のTwitterと国分のTwitterアカウントでそれぞれ日々の出来事や業務について発信している。国分のTwitterには、King&Princeの岸優太(25)やSixTONESの森本慎太郎(23)が『鉄腕ダッシュ』のロケ中に撮ったと見られる写真も投稿され、ファンを喜ばせている。

 また国分が、大地から会社の開業祝いをもらったことに触れると、松岡は「ウチの、まだ会社のデスク、なんにもない。なんにもないんですよ」と明かし、城島も「やっとペン立てとペンが置いてあったよ」と「株式会社TOKIO」の現状を語った。国分も「1台の電話とペンケース。そんな感じからスタートするので、真央さんからいただいたもので、ちょっと華やかなるかなっていう」と、開業祝いの詳細は明かされなかったが国分も城島、松岡も大地に感謝していた。

■ファンはSNSにも注目

 大地とTOKIOのやり取りに、視聴者からは「備品、まだほとんどないんか」「大地さんから何もらったんだろ」「大地真央さんがくださったお祝い品のおかけでどーーんと華やかになったらしい。お花かな」「株式会社TOKIOに入社したい」「太一くんが突然Twitter始めて驚いたわ!」「ホームページがTOKIOっぽくてほっこりした」「リーダーもTwitter始めてほしいなあ」など、さまざまなコメントが上がった。

 4月1日に「株式会社TOKIO」が始動して、およそ3週間。「株式会社TOKIO」のホームページのトップ背景は、TOKIOらしく森林を背景に、スーツを着込んだ3人の姿が印象的なものになっている。ページ内にはリーダーで社長でもある城島からの代表者あいさつ、事業コンセプトなど、アイドル感ゼロ。

 また、「Do it ourselvesその思い、TOKIOと一緒に実現しませんか?」という欄があり、詳細は近日公開となっており、会社としての新たな試みが行われることを予感させる。4月15日には、日本テレビ系新キャンペーン「Good For The Planet」のパーソナリティにも就任したTOKIO、今後の活躍にも注目だ。

関連リンク

  • 4/19 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます