女の子から電話をもらえると男性のテンションが上がる瞬間9パターン

誰かに電話したくなったとき、逆に電話がかかってくると嬉しいものです。では、男性はどのようなタイミングで女の子から電話をもらうと喜ぶのでしょうか。そこで今回は、「女の子から電話をもらえると男性のテンションが上がる瞬間」をご紹介します。

【1】不意に寂しくなって誰かの声を聞きたいとき
「声を聞くだけで、ものすごく安心できるから」(20代男性)など、男性もふと寂しくなることがあるようです。夜中は寂しくなりやすい時間だけに、たまに電話をかけてみるのもいいかもしれません。ただし、迷惑にならないように事前にメールで「電話していい?」と確認するといいでしょう。

【2】仕事で疲れてグッタリしていて、元気をもらいたいとき
「女の子に励まされると元気が出ます」(30代男性)といったように、疲れたときの電話が励みになる男性は少なくないようです。忙しくてなかなか会えない男性なら、近況をたずねる電話をきっかけに、励ましの声をかけてあげるといいでしょう。

【3】仕事でミスをして落ち込み、励ましてほしいとき
沈んだ気分を一人で溜め込みたくないと思う男性は多いようです。落ち込んだ男性に対しては、「『バカだねぇ』と笑ってくれることで、悩みが軽くなると思う」(20代男性)といったように、慰めるよりも気軽に話を聞いてあげることが大切でしょう。

【4】結婚式の幹事など、人のためにがんばった自分を褒めてもらいたいとき
「肩の荷が下りてホッとしたときに電話があると、心に沁みる」(20代男性)といったように、人のためにがんばった男性はその仕事を女の子に認められたいと思うようです。後から電話で一言ねぎらうだけでもかなり好意的に受け止められるでしょう。

【5】週末の休みを持て余し、誰かに会いたいとき
暇なときの電話は男性の気分も盛り上がるようです。「『ご飯食べにいこうよ』なんて言われると、テンションが上がります」(20代男性)といったように、週末の午後ぐらいにいきなり誘いの電話をかけてみるのもいいでしょう。

【6】お酒を飲んでほろ酔いになり、気分がいいとき
酔っぱらうと無性にしゃべりたくなる気持ちが高まるようです。「『飲み過ぎじゃない?』と心配されると、うれしくなってしまう」(20代男性)といったように、電話した男性が酔っていた場合、酔っぱらいぶりを心配したり、たしなめたりしつつ、話を聞いてあげるといいでしょう。

【7】仕事や恋愛のことで悩んでいて、女の子の意見が聞きたいとき
「人に意見をもらったほうが参考になるし、気も紛れる」(20代男性)など、悩みを人に打ち明けたいと思う男性は多いようです。会って話したときに男性が悩みをのぞかせた場合は、後で電話で悩みを聞き出してみてはいかがでしょうか。

【8】いいことがあってテンションが上がり、誰かに話を聞いてほしいとき
「人に話すと、より実感が強まるし気分もいいので」(10代男性)といったように、いいことがあった喜びを他人と共有したいと思う男性は多いようです。何か景気のいい話題を耳にしたら、「○○したって本当? すごいね!」と電話してみましょう。大喜びで話してくれるかもしれません。

【9】落ち込んでいる女の子を見て、自分を頼りにしてほしいと思うとき
「心配だし、頼られるとうれしいので」(20代男性)といったように、女の子に頼られることに喜びを感じる男性は少なくないようです。何か気持ちが塞がるようなことがあれば、男性に遠慮することなく、思い切って電話で相談してみるといいでしょう。

他にも男性のテンションが上がるような電話のタイミングはあるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/19 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます