「素敵に見えた先輩」と付き合ってみてガッカリしたこと5パターン

「デキる男」に見えて大好きだった先輩とお付き合いしてみたら、意外にたいしたことのない男だった…。交際を開始してから「やっぱり好きじゃないかも」と気づいてしまうと、お互いに不幸なので、できれば早いタイミングで見極められるようになりたいものです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「『素敵に見えた先輩』と付き合ってみてガッカリしたこと」をご紹介します。

【1】年上でしっかりした人に見えたのに、私生活では何もできない人だった
「洗濯物は宅配便で実家に送って洗ってもらってると聞いてドン引きしました」(20代女性)というように、パブリックイメージと実態がかけ離れていて、がっかりさせられるパターンです。部活や職場などで目覚ましい活躍を見せる男性が、すべての面においてスーパーマンであるとは限らないので、冷静に観察する目を養いましょう。

【2】大勢でいるときは楽しかったのに、二人きりになるとつまらなかった
「みんなといるときはノリノリなのに、二人で会うと沈黙ばかりで全然盛り上がらず…」(10代女性)など、「デートしてみたらつまらなかった」というのも、好意が冷める原因になるようです。最初のうちは相手も緊張しているだけかもしれないので、一回で「ナシ」と決めつけずに、何度かはチャンスをあげてみてもいいでしょう。

【3】妹っぽく甘えさせてほしかったのに、むしろ相手が甘えん坊だった
「いい年した大人が赤ちゃん言葉とか、キモイです」(20代女性)というように、付き合ったとたんに見せられた男性の「甘えん坊」な姿にドン引きしてしまうケースです。気を許してくれた証拠と受け止めて許容できないのであれば、その程度の愛情だったと見切りをつけて、早めに別れを切り出したほうがお互いのためかもしれません。

【4】知識も経験も豊富な人かと思っていたのに、意外にそうでもなかった
「友人の結婚式に3万円包んでいくと話したら、『見栄張るなよ!普通3000円くらいだろ』と鼻で笑われた…」(20代女性)など、相手が意外に常識を知らなかったりするのも、失望する引き金になるようです。「たまたま知らなかった」ということもあり得るので、一度や二度で引導を渡さずに、しばらく見守ってからジャッジを下したいところです。

【5】頼りがいのある男だと信じていたのに、口ほどでもなかった
「英語ペラペラで海外放浪の経験があると言ってたくせに、駅で外国の人に道を聞かれたらフリーズしていた」(10代女性)など、「言うほどの男でもない」と気づいた瞬間に、さっと見る目が変わったという人もいます。特に「俺様キャラ」の男性の場合、年下の女性の前でそれっぽく振る舞っているだけの可能性もあるので、過度な期待は禁物でしょう。

先輩を見るときに「素敵フィルター」がかかってしまうのは、ある程度は仕方のないことかもしれませんが、相手をできるだけ客観視できるよう、冷静になりましょう。(玉川きみか)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/19 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます