痛恨ミスのインテル、連勝が11でストップ…CL権争いのナポリにとっても痛いドローに

拡大画像を見る

 セリエA第31節が18日に行われ、ナポリとインテルが対戦した。

 セリエA11連勝中で、スクデット獲得へ首位を独走するインテルと、チャンピオンズリーグ出場権をかけて戦うナポリ。この試合で最初のビッグチャンスを迎えたのはインテルだった。29分、CKの流れからマルセロ・ブロゾヴィッチが中央へ速いボールを折り返すと、ゴール前のロメル・ルカクが右足で合わせるも、ボールは惜しくもバーに弾かれる。

 すると37分、ナポリはスピードに乗ったロレンツォ・インシーニェが、左サイドからインテルのエリア内に侵入する。そのまま左足でニアにクロスをあげると、ボールをキャッチしようとしたGKサミール・ハンダノヴィッチが味方のDFステファン・デ・フライと交錯。こぼれたボールはそのまま転がり、ゴールネットの中へと吸い込まれた。

 思わぬ形で先制を与えてしまったインテルは、直後の38分にまたもチャンスを作る。ゴール左寄りで得たFKをクリスティアン・エリクセンが中央へ送ると、ゴール正面のルカクに当たってコースが変わる。だが今度は、ボールがポストを叩いて得点とはならず。試合はナポリのリードでハーフタイムへと入った。

 後半へ入ると55分、インテルは右サイドからアクラフ・ハキミがクロスをあげると、ファーでの折り返しは防がれるも、そのこぼれ球にエリクセンが反応。ダイレクトで左足を振り抜くと、コースを狙ったシュートがナポリゴールを破った。インテルが後半立ち上がりに試合を振り出しに戻す。

 CL出場権の確保に向け勝ち越したいナポリは、64分にFKからジョバンニ・ディ・ロレンツォがヘディングシュートを放つも、これはわずかに枠の左へと外れる。拮抗した展開に、両チームは時間が経つにつれ、ドリース・メルテンス、アレクシス・サンチェス、イヴァン・ペリシッチらのタレントをピッチへと送り出した。

 そして80分には、再びナポリがインテルゴールに迫る。ボールを受けたマッテオ・ポリターノが細かいタッチで敵陣深くに運ぶと、わずかなコースから右足で強烈なシュート。しかしこれはクロスバーに弾かれ、ゴールとはならなかった。

 試合はこのまま終了。首位のインテルはこれでセリエAの連勝が「11」でストップし、ナポリはCL出場権を争うユヴェントスの敗戦を生かし切ることができず。痛み分けといえる1-1のドローとなった。

 次節、インテルは21日にアウェイでスペツィアと、ナポリは22日にホームでラツィオと、対戦する。

【スコア】
ナポリ 1-1 インテル

【得点者】
1-0 37分 サミール・ハンダノヴィッチ(オウンゴール/ナポリ)
1-1 55分 クリスティアン・エリクセン(インテル)

関連リンク

  • 4/19 8:54
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます