デートに誘うときのキッカケ8パターン

気になる女の子と出会い、デートに誘いたいと考えるものの、誘い出すキッカケがなく困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回、みなさんが率先してデートに誘えるように「デートに誘うときのキッカケ8パターン」を紹介させていただきます。

【1】「お土産を買ってきたから渡すよ。」
お土産を渡すことを理由に、デートの約束を取りつけるパターンです。旅行や出張で遠くに訪問したときには、会社へのお土産だけではなく、デートに誘うキッカケに備えて、多めにお土産を購入しても良いでしょう。

【2】「お礼にご馳走させてよ。」
女の子に手助けしてもらったときのお礼として、ご馳走するパターンです。感謝する気持ちを前面に押し出すことで、自然と誘うことができます。ただし、「ご馳走されるほどではありません。」と断られる可能性があるので注意が必要です。

【3】「映画のペアチケットをもらったから、一緒に行こうよ。」
ペアチケットを事前に用意して、誘い出すパターンです。自ら用意したと伝えるのではなく、「もらった。」と伝えることで、自然に誘い出すことができます。また、この方法は、映画に限らず、美術展などのイベントでも活用可能となります。ただし、女の子に「自分で用意したペアチケットじゃないの・・・?」と見透かされる可能性があるので、その点を考慮しておく必要があります。

【4】「美味しいお店を見つけたから一緒に行こうよ。」
お店をオススメするパターンです。素敵なお店であれば、女の子に興味を持ってもらえる可能性があります。ただし、突然「美味しいお店を見つけたから・・・。」と誘った場合、女の子をビックリさせる可能性があります。事前に、女の子との会話で、好きなお店や食べ物について盛り上がっておくことで自然な流れとなるでしょう。

【5】「ひとりで行くのは寂しいから、付き合ってよ。」
行ったことがない場所に、一緒についてきてもらうパターンです。「ひとりで行くのは寂しい・・・。」と気持ちを伝え、女の子に同情してもらうことで、デートを実現できるでしょう。ただし、「なんで、私なの?」という質問を受ける可能性があるので、「一緒にいると安心するから。」などの答えを用意しておきましょう。

【6】「ちょっと相談に乗ってよ。」
女の子からアドバイスしてもらうことを理由に、デートに誘い出すパターンです。女の子の得意な分野について、アドバイスをもらうようにしましょう。ただし、真剣に頼るようにしましょう。単なるデートのキッカケだと思われた場合、女の子の親切心を踏みにじることになるので注意しましょう。

【7】「女友達へのプレゼント選びに付き合ってよ。」
女友達へのプレゼントを一緒に選んでもらうパターンです。女の子が喜びそうなものは、女の子が一番分かるものです。プレゼント選びに同行してもらい、ついでにデートを実現させましょう。

【8】「もっと話を聞いてみたいから、一緒に食事でもしよう。」
「もっと話を聞いてみたい。」という本音を告げるパターンです。ストレートな表現によって、男らしさを演出することができるでしょう。

みなさんのキャラクターに合った、パターンはあったでしょうか。また、「デートに誘うキッカケ」は他にも存在すると思います。ご意見をお待ちしております。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/19 7:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます