モヤモヤが止まらない...!【倦怠期】が訪れたサインとは?

拡大画像を見る


付き合ったばかりのときはあれだけ刺激があったのに、あんなに楽しかったのに、最近はなぜか恋人のことを考えるとモヤモヤしてしまう気持ちになりませんか?
もしかしたら倦怠期が訪れている可能性があります。倦怠期なんて自分たちには訪れないと思っていたというカップルも多いでしょう。
そこで今回は倦怠期が訪れたサインについて紹介します。どんなことが起きたら倦怠期と言えるのかチェックしてくださいね。


会話が減ってしまう

倦怠期が訪れたときに分かりやすいサインの中には会話が減るというものがあります。一緒にいてもお互いに会話をしなくなり、お互いがスマホばかり見ているということもあるでしょう。
「一緒にいても話すこと何もないし…...」「話したいことさえ見つからない…...」などのように会話をすること自体が面倒なことになっている可能性もありますね。
倦怠期じゃないときと比べて、明らかに会話が減っていると感じたときは倦怠期が訪れているかもしれないと思いましょう。


だんだんと会わなくなってしまう

倦怠期が訪れると、だんだんとデートの回数が減ったり会うのを避けたりするようになります。これは、どちらかが会いたくないという気持ちを持ったり、お互いに会いたくないという気持ちを持ったりしているからです。
ラブラブのときは会っている時間が一番楽しかったのに、今は会うとなると苦痛に感じる、会わない時間のほうがホッとすると感じていませんか?これが倦怠期が訪れたサインです。
会うことを避けたいために、他の予定を入れたり、仕事を忙しくしたりと会わなくていいように工夫している自分がいることでしょう。


相手にイライラする

ちょっとしたことで相手にイライラするなんてことがありませんか?前ならイライラしなかったことや、好きだから許せていたことが流せなくなっているのです。
目についてしまう、効率が悪いところにイライラするなどのように一緒にいると相手にイライラしてそのイライラをぶつけてしまうこともあるでしょう。
これは、もう相手への心の余裕を失っているため、倦怠期が訪れていると言えますね。特に前はイライラしなかったのに今はイライラするなどのように悪い方向に変化があると倦怠期かもしれません。


何かと適当になる

デートするときもおめかしをしなくなった、普段から自分に気を遣わなくなったなどのように何かと適当になってくると倦怠期が訪れた可能性があります。
好きな人のために可愛くなりたい、素敵な彼女と思われたいという気持ちが消えてきているのです。別にどう思われてもいいし、面倒だと思っていませんか?
自分を輝かせようと努力しなくなっていると、倦怠期が訪れている可能性が高いですよ。


倦怠期にはサインがある

倦怠期がきたカップルは、いつの間にか倦怠期になっていたと思う人が多くいます。しかし、実は倦怠期にはサインがありますよ。長続きしたいのならそのサインを見逃さないようにしましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/18 19:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます