Snow Man・宮舘涼太のバラエティ力をお笑い芸人が絶賛! 「あれはお笑いライブのオモロさ」

 新たなTVスターの誕生?

 Snow Manのバラエティ番組の進出が加速している。11日からは冠番組『それSnow Manにやらせてください!』(TBS系)の地上波レギュラー放送が始まり、その宣伝も兼ねて8日放送の『櫻井・有吉THE夜会』にグループでゲスト出演。新たに始まったTBSの朝の情報番組『ラヴィット!』では4月のマンスリーゲストとして毎週金曜に登場しており、さらにメンバー個々のバラエティ出演も目立つ。

 8日には、お笑い芸人たちとゲームで戦う特番『ガンバラナー』(フジテレビ系)が放送されたが、“バラエティ力”を見せるSnow Manの中でも、ひときわ輝きを放ったのが宮舘涼太だった。

「“だて様”の愛称で知られる宮舘は、振り子のように揺れるサークル(輪っか)が重なる瞬間を狙い、身体に触れないようジャンプしてくぐり抜ける『ジャンピングサークル』に挑戦。サークルが2つの“ダブル”をやるはずが、なぜか宮館は『宮館、ダブル(は)パスで』と得意のキメ顔と美声で宣言し、司会のかまいたち・濱家隆一から『いや、パスとかないんですよ』とツッコまれてました(笑)。

 それでも宮館は主張を譲らず、いきなり“トリプル”から挑戦しましたが、あれだけカッコつけたわりにまったくカスリもしない大失敗をやらかし、スタジオにいる全員から総ツッコミを受ける事態に。濱家は最初のパスが“ボケ”だったと指摘し、『芸人のみんな、こいつはとんでもないぞ!』とイジって笑わせていました。

 さらに宮館は、“トリプル”を誰も成功できなかったのを受けて、またもキメ顔&美声で『僕なら……跳べますよ!』と言い放ち、リトライすることになりましたが、案の定失敗。しかも今度はサークルに右手を取られるというグダグダぶりでスタジオの大爆笑をかっさらい、『狙いにいって失敗したのでは?』との疑惑に素直に『はい』と答えてました」(アイドル誌ライター)

 Snow Manが身体を張った同番組だが、終盤で場をかっさらった宮館のインパクトは大きかったようで、番組公式Twitterは「”番組で最も頑張ったメンバー” MVG(Most Valuable ガンバラナー)メンバーは! 宮舘くんでした!」と発表。ファンからも「だて様面白すぎ」「夜会もガンバラナーも総じてだてがMVPだわ 本当に最高すぎた」といった声が多く上がっている。

 だて様のこの活躍ぶりについては、芸人も絶賛しているようだ。

「番組で共演したニューヨークが、11日に生配信されたYouTube番組『ニューヨークのニューラジオ』第105回で言及したんです。『ガンバラナー』が放送されたことについて触れた屋敷裕政は、『Snow Manのあの人、オモロ過ぎたよな』とコメント。名前は出ませんでしたが、『MVPになった』と説明していたので宮館のことで間違いないでしょう。屋敷はその後も、『オンエア観たら、1/3ぐらいになってた、(宮館の)オモロさ』『お笑いライブのオモロさやったから、あの人のオモロさは。今すぐ大宮の劇場(大宮ラクーンよしもと劇場)立てるぞ。マジでオモロかった』などと熱弁してましたよ」(同上)

 番組公式サイトでは「芸能界で頭一つ抜けて、真のTVスターになるために頑張る番組」と説明されているが、だて様のバラエティの才能は“頭一つ抜けて”いるのかもしれない。『ニューヨークのニューラジオ』のチャット欄では、宮館の話題の際に「あの人スターになりそう」とコメントしている人もいた。今後の活躍に注目だ。

  • 4/18 12:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます