片寄涼太、自身のアニメ化で『名探偵コナン』とのコラボ希望「僕はコナン好き」

片寄涼太、川村壱馬、吉野北人が18日、都内で行われた『BATTLE OF TOKYO』の記者発表会にEXILE HIRO、関口メンディー、世界、砂田将宏と参加した。

GENERATIONS from EXILE TRIBE、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、FANTASTICS from EXILE TRIBE、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEら「Jr.EXILE」世代と呼ばれる4グループによる、次世代総合エンタテイメントプロジェクト。架空の未来都市「超東京」を舞台に、「Jr.EXILE」世代のメンバー総勢38名それぞれをアバター化し、リアルとバーチャルを横断・融合する世界初のアニメ「Mixed Reality Entertainment」として本格始動する。







プロジェクトの本格的始動に片寄は「2021年にこうしてスタートするということで、映像も素晴らしく、大変ワクワクしております。率直に楽しみです」と期待し、自身のアバターにシャーロックと名付けたのは『名探偵コナン』ファンだからだそうで「僕はコナン好きなのでそんなコラボができたらいい」と妄想。同プロジェクトをコンセプトにしたアルバム発売も決まり「プロジェクトの世界観を表現するアルバム。各グループの曲やコラボ楽曲もあったりして、盛りだくさんの内容です」とアピールした。


アバターに声を吹き込む梶裕貴ら豪華声優陣の面々に川村は「声優の方々のお名前を拝見した時に、豪華すぎてビックリして逆に声が出ませんでした」と驚き、「自分の好きなアニメに僕の分身アバターがコラボ出演するという夢もあります」とニヤリ。吉野は「アバターのアニメキャラクターをこうして見ると、凄い再現度。僕の鼻のホクロまで再現されていて、ここに声優さんの声や動きがつくということで、今後の展開が楽しみです」とプロジェクトに興味津々。アニメ『テニスの王子様』が好きだそうで「僕のアバターと越前リョーマで、甘いセリフ対決をしたい」と共演を夢見ていた。

関連リンク

  • 4/18 16:47
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます