またやっちゃった...酔うと「好きな人に連絡したくなる」理由とは?

拡大画像を見る


お酒を飲んで酔っぱらってしまうこともたまにはあるでしょう。しかし、恋愛中にお酒を飲んでその場で一緒にいる人に恋愛話をすると好きな人に連絡したくなりませんか?
時には、好きな人に連絡してしまって何を話したか覚えていなかったり、大胆なことを言ってしまって後悔したりすることもあるでしょう。
今回は、なぜ酔うと好きな人に連絡したくなるのか、その理由について紹介します。


寂しくなってしまう

酔うことで「私なんで独り身なの...」「なんで片思いが実らないの...」などのように寂しい気持ちが爆発してしまうことがあるでしょう。
そんなとき、寂しさを埋めてくれるのって好きな人しかいないと感じませんか?そのため、好きな人に連絡して今持っている寂しさを解消してほしいと思ってしまうのです。
寂しい気持ちがピークになったとき、酔っているからその勢いのまま連絡して「寂しい...」と伝えてしまうこともあるでしょう。


甘えたくなってしまう

酔うと一気に甘えたいというスイッチが入る人もいます。甘えたいと思ったとき、酔っていなければ「甘える人はいない...」「友達にでも話しを聞いてもらおう」と判断することができるでしょう。
しかし、本音は「好きな人に甘えたい...」ですよね。酔ったらその本音が出てきてしまい、一気に好きな人に甘えたい願望が高まってつい連絡してしまうのです。
「声を聞くだけでもいいから...」という気持ちにもなっているのでしょう。酔っているから甘えるのも躊躇なくできる自分にもなっています。


テンションが上がって勢いがつく

酔ったことでテンションが上がるという経験をしたことがある人もいるでしょう。テンションが上がることで勢いがついて、「好きな人に連絡しちゃえ!」とノリでできることもあります。
テンションが上がっているため、普段できないことができるようになっているのです。そのため、「今なら連絡できる」というチャンスを逃さないようにしているのでしょう。
相手に迷惑をかけなければ、酔った勢いで連絡するのも悪くないこともありますね。


心が広くなって何でもできると思う

お酒が入ってある程度酔っぱらってくると、なんだか自分は何でもできるような気持ちになりませんか?いつもは好きな人に自分から連絡できなくても、酔っていたらできるのです。
原因は心が広くなっていることにあります。ただ、毎回酔うと連絡をしてしまうようにもなるため、相手から「酔ったら連絡がくる人」と認識されてしまうでしょう。
そう思われるのは嫌だなと思いながらも、やっぱり酔ったら心が解放されてストレスがなくなったように感じ、テンションが高いまま連絡してしまいますよね。


酔いが冷めたときのことを考えて行動しよう

酔った勢いで好きな人に連絡したとき、酔いがさめたら一気に引いてしまうことがありませんか?お酒を飲むのはいいですが、先のことまで考えた行動をするようにしましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/18 17:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます