森本貴幸が途中出場からパラグアイ1部デビュー! 自身のSNSで喜び示す

拡大画像を見る

 今年2月に加入したスポルティーボ・ルケーニョに所属するFW森本貴幸が、パラグアイ1部(リーガ・パラグアージャ)での初出場を果たした。

 第12節クラブ・ナシオナル戦でベンチ入りを果たした森本は、81分から途中出場。試合は1ー0でスポルティーボ・ルケーニョが敗れたが、同選手にとっては日本、イタリア、UAEに続く4カ国目となる公式戦のピッチに立った(ギリシャ3部のAEPコザニでは出場なし)。

 試合後、森本は自身のSNSを更新し「デビューしました。今後もルケーニョの力に!」とスペイン語のメッセージと共に投稿。新たなユニフォーム姿を見せ、喜びを示している。

森本貴幸インスタグラムより

関連リンク

  • 4/18 13:34
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます