ビートたけしが明かす「高倉健との漫才コンビ結成」秘話「追悼・田中邦衛伝説と『北の国から』ウラ話

拡大画像を見る

 巨星堕つ――の一報がもたらされたのは、4月2日のことだった。

「俳優の田中邦衛さんが、3月24日に老衰のため、88歳で亡くなっていたことが分かりました。60年代に東宝の『若大将』シリーズのライバル役で注目され、東映の『網走番外地』『仁義なき戦い』などの人気シリーズで高い評価を得ました。コミカルにもシリアスにも演じられる、名優でした。12年6月、盟友の地井武男さんのお別れの会に出たのを最後に表舞台から姿を消していた。体力の衰えから車いす頼りとなり、晩年は施設に入っていたようです」(スポーツ紙デスク)

 その田中さんの代表作といえば、やはり倉本聰原作・脚本のドラマ『北の国から』シリーズ(フジテレビ系)だろう。北海道・富良野を舞台に、田中さん演じる黒板五郎と子2人の成長譚は、世代を超えて多くの人の心を震わせ続けた。

「息子役の吉岡秀隆は、田中さんの訃報に接し、“今は邦衛さんの笑顔しか思い浮かびません。自分の覚悟の小ささと、あなたの大きな優しさに涙しかありません”とコメントし、誰もが黒板親子の姿を思い起こしました。また、舞台となった富良野市が追悼コメントを出すなど、『北の国から』というドラマはフィクションを超えた存在になっていたと実感します」(地元紙記者)

 同ドラマで田中さんと共演したガッツ石松氏は本誌の取材に対し、撮影当時をこう振り返る。

「ロケは、富良野のプリンスホテルに役者たちは缶詰になっていました。私が怒りをあらわにするシーンがあって、リハーサルから“○○じゃねえか”と強い口調で演技したんです。でも、それを見ていた邦衛さんは“お前、口とんがらかせて、何、本気で怒ってんだよ”って笑うんですよ。そんな調子だから、私も笑っちゃうし、倉本さんも笑ってる。長時間のロケの中でも、邦衛さんはみんなの笑顔を作ってくれる人でしたね」

 また、人々の笑顔を生み出すために、名優と組んで、お笑いコンビに挑戦しようとしたこともあったという。

「映画『夜叉』で共演したビートたけしさんが田中さんについて“俺がラジオで『役者は漫才できないだろ。俺は漫才師でも役者できるぞ』って言ったら、(高倉)健さんが邦衛さんに電話して『漫才やろうか』って、2人で喫茶店で待ち合わせしたんだって。で、やってみようと思ったんだけど、お互い無口で、ずっと黙ってたんだって”と、幻の漫才コンビ結成秘話を語っていました」(前出のデスク)

■トークショーで“奇跡”が

 人見知りでシャイな性格のため、トーク番組などの出演は断っていた田中さん。ただ、あまり知られていないが、山形県だけでは数多くのトークショーを開催していた。その立役者となった山形在住の映画パーソナリティ、荒井幸博氏はこう振り返る。

「98年に、天童市から“トークショーに田中邦衛さんを”と話が上がったんです。映画の仕事をしていたこともあって、私が関係者に連絡したんですが、“そんなの無理だ”って一蹴。粘り強く交渉すると“話だけは本人に伝える”と言われたんです。その2日後、本人から、まさかのOK。これには我々だけじゃなく、先方も驚いた様子でしたね」

 実際に開催されたトークショーは30回に上った。田中さんは人情味にあふれ、自然豊かな山形を愛し、プライベートで訪れた回数も含めれば、50回以上に上ったという。トークショーでは、こんな“奇跡”が起こったことも。

「あるトークショーで、田中さんが、小学校に上がったばかりの子どもの頭をなでたんです。後日、その子の母親から連絡があって、“息子は自閉症で何もしゃべれなかったんですが、頭をなでてもらった翌日から、話ができるようになりました”というんですよ。動く黒板五郎さんには、そんな信じられない魔力まであったんです」(前同)

 前出のガッツ氏は田中さんの人柄を、こう語る。

「邦衛さんは、役の中では気取っていたとしても、役から離れれば、あれほど人懐っこい主役さんはいませんでしたね。周囲のみんなにも気を遣っていました。そのような方と、一緒にドラマをやらせていただいて、本当に幸せでした」

 幾多の感動を生んだ名優に、合掌。

関連リンク

  • 4/18 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます