どこでも『丸亀製麺』が楽しめる「丸亀うどん弁当」の魅力とは?

拡大画像を見る

 粉から作る“つるしこモチモチ”の自家製うどんが大人気の讃岐釜揚げうどんチェーン『丸亀製麺』では、4月13日より持ち帰り限定メニュー「丸亀うどん弁当」の販売をスタート。好きな場所で『丸亀製麺』の打ち立て&茹で立てのうどんを楽しめるとあって、ランチや夜食だけでなく、行楽のお供にと、日時を問わず多くのオーダーが集まっています。

「2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」

 今回の基本メニューとなる「2種の天ぷらと定番おかずのお弁当」は、冷やぶっかけうどん(並)、天ぷら(ちくわ磯辺天・野菜バラ天)、おかず(きんぴらごぼう・玉子焼き)、刻み青ネギで構成。つゆとなる「冷やぶっかけだし」は別添えの袋入りとなるため、持ち運びの際にこぼれる心配が一切ないという実に嬉しい配慮がなされています。

「3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」

「3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」は、「2種の天ぷら弁当」にえび天が加わったメニュー。天ぷら弁当を名乗るなら、やっぱりえび天が入っていないとね…という”天ぷら保守派”を自認する方は、迷わずこちらをオーダーしましょう。

「4種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」

 せっかくの『丸亀製麺』、天ぷらをたくさん食べたいよね、という方には「4種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」が最適解となりそう。ちくわ磯辺天と野菜バラ天に、えび天と鶏もも天(2個)が乗っかった、見た目通りのボリューム満点な仕様です。

「2種の天ぷらと定番おかずの肉うどん弁当」

『丸亀製麺』でも屈指の人気メニュー「肉うどん」をお弁当でも味わいたい! という方には「2種の天ぷらと定番おかずの肉うどん弁当」がベストなチョイス。「2種の天ぷら弁当」に「肉うどん」の”肉のみ”が追加された、ボリューミーでバラエティ感のある仕様です。

 なお、各メニューともうどんの量は“並のみ”となっていますので、もうちょっとガッツリ行きたいという方はサイドメニューの「いなり・おむすび」や、通常メニューの各種うどんを合わせてオーダーするといいかもしれません。
 密にならない屋外での食事だけでなく、家でじっくりと『丸亀製麺』のメニューが味わえる「丸亀うどん弁当」。ぜひこの機会に、その美味しさに触れてみてはいかがでしょうか。

●DATA

丸亀製麺「丸亀うどん弁当」

販売:全国の『丸亀製麺』と『麺屋通り』
※一部店舗では取り扱いのない場合があります
※店舗により価格が異なる場合があります
https://www.marugame-seimen.com/
※価格は全て税込(容器代を含む)

関連リンク

  • 4/18 10:49
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます