もっとラフにいこう♡恋愛は【鈍感】なほうがいいってホント?

拡大画像を見る


気持ち的に敏感な人もいれば、鈍感な人もいます。敏感な人のほうが色んなことに気づくことができ、恋愛にも活かせるような気がしませんか?
しかし、時には恋愛は鈍感なほうがちょうどいいという意見もあります。鈍感だと何かと苦労するようにも感じますが、なぜ恋愛は鈍感ぐらいがちょうどいいのでしょうか。
今回は、恋愛では鈍感なほうが気持ち的にいいと言われている理由について紹介します。


余計なことを考えなくていい

恋愛に鈍感なほうが「これをしたら嫌われるかな?」「もしかしてうざいと思われているのかな?」などのように考えてしまい、アプローチができなくなるということが少なくなります。
恋愛を進めるにおいて、余計なことを考えなくてよくなるため、自分がやりたいと思ったように恋愛を楽しむこともできるでしょう。
相手がどう思っているのかを考えるのも大事ですが、鈍感なほうが自分がどうしたいかを大事にして進んでいくことができるのです。


気づきすぎると疲れる

敏感なタイプの人は、ずっと何かを気遣っていて、色んなことに気付いて疲れてしまうことがあるでしょう。その分、相手を疲れさせてしまうこともあります。
しかし、鈍感な人というのは、色んなことを気にせずに気づかなくていいことには気づかないため、その分気持ちが楽なのです。
ゆっくりした気持ち、穏やかな気持ちで恋愛を進められるのはどちらかと言われたら鈍感な人でしょう。疲れない恋愛のためにも鈍感力は必要ですね。


天然に見えてモテる

鈍感な人のほうが何かと天然に見えます。敏感な人よりも心に余裕があるように見え、いつも穏やかでのほほんとした雰囲気を持っているでしょう。その結果、天然に見えてモテることもあるのです。
好きな人からも「なんだか一緒にいるとふんわりした気持ちになるな…...」「ギスギスした人じゃなくていいな…...」と思われることも多くなります。
鈍感な人は自分のペースを持っているため、それがプラスに働いたらかなりモテるようになるでしょう。


周りの評価が気にならない

恋愛に鈍感な人というのは、自分の評価も自分が好きになった人の評価もそんなに気にすることがありません。
敏感な人ほど「周りにどう思われているのかな?」「相手は私のこと好きなのかな?」といつも誰かの気持ちや評価を気にしてばかりになるでしょう。
鈍感な人のほうが、まっすぐな気持ちだけで人を好きになれるのかもしれないですね。そういうところがモテる秘訣になる可能性もありますよ。


鈍感力は恋愛において大事

ネット社会になって鈍感力は大事なものと言われるようになりました。実は恋愛にも言えることで、あまりに敏感だと自分が疲れてしまいます。鈍感な部分を持って恋愛を楽しめるようになるといいですよね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/18 10:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます