宮城の新酒米を100%使用!「一ノ蔵純米吟醸 吟のいろは」宮城県限定発売


一ノ蔵から、宮城県の新たな酒米「吟のいろは」を使用した純米吟醸酒「一ノ蔵純米吟醸 吟のいろは」が、4月14日(水)より宮城県内限定で発売中だ。

味の濃い柔らかでふっくらとした酒質


酒造好適米「吟のいろは」は、令和元年に誕生した宮城県の酒米。米の中心部にある、酒造りに適した白く濁っている部分・心白が、眼球のように丸く発現する“眼状心白”が特徴だ。

「吟のいろは」の香味は、蔵の華の淡麗ですっきりとした味わいとは対照的に、味の濃い柔らかでふっくらとした酒質に仕上がる。

宮城県でしか買えない純米吟醸酒

宮城県の新たな酒造好適米「吟のいろは」を100%使用した「一ノ蔵純米吟醸 吟のいろは」2,310円(税込)は、完熟したフルーツのような甘やかな香りが華やかに漂い、上品な甘みと丸みのある優しい口当たりが調和した純米吟醸酒。

宮城県のお土産酒として、宮城県内の地酒専門店や、仙台駅構内の酒販店、仙台市内百貨店などで販売される。

宮城県でしか買えない、甘やかな香り漂う純米吟醸酒を味わってみて!

画像をもっと見る

  • 4/16 18:05
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます