「顔に泥を塗ったの?」 泣いて2度塗りし、セルフタンニングに失敗した女性

拡大画像を見る

セルフタンニングで痛い目にあったのはジョディ・モリスさん(Jodie Morris)で、「サンモリス(St. Moriz)」というブランドの「ダーク(黒っぽい色)」という色味を顔にひと塗りした後に、ハプニングが起こったという。

ジョディさんは動画の中で「セルフタンイング剤を顔に塗った後、感傷的になって泣いてしまったの。それで顔のセルフタンニング剤が落ちてしまったから、もう一度塗り直したのよ。すると翌日、とんでもない結果になってしまったの」と状況を説明。まだ起きがけなのだろう。ベッドに入ったままで、トップでお団子を作った髪はボサボサである。また顔の色が暗いため、ぎょろりとした白目だけが妙に目立ち、声も震えているのであった。

この動画には大きな反響があり、

「悪いけど、ここ数か月で一番大笑いしたわ。」
「これじゃ、仕事にいけないわよね。」
「私は週2回、セルフタンニングをしているけど、こんなふうになったことは一度もないわよ。」
「洗い落とせるといいわね。」
「映画『チャーリーとチョコレート工場』に出てくるウンパルンパに似てるね。」
「ドラマ『フレンズ』のロス・ユースタス・ゲラーみたいよ。」
「意外に似合っているんじゃない?」
「大きな目が強調されていいんじゃない?」
「いや、まるで顔に泥を塗ったみたいよ。これはいけてないね。」

といった声が届き盛り上がった。

なおコメントの多さに驚いたのはジョディさん自身だったようで、翌日には「実は、セルフタンニング剤を洗い落とすことができたのよ!」と新たな動画を投稿した。前日とは打って変わってきれいに化粧をし、「これで仕事に行けるわ!」と微笑んでおり、キラキラとしてやる気に満ちているようにも見えるのであった。

ちなみにサンモリスのセルフタンイング剤は「気分を高揚させ、人々に自信と笑顔をもたらす」と謳っており、これまでにもセルフタンニング剤を使った後に寝てしまった女性や、使用してから5分後にあまりの黒さに大爆笑した13歳の女性などがメディアに取り上げられ、多くの人に笑いを届けていた。

画像は『Jodie Morris 2021年4月15日付TikTok「Cba」、2021年4月16日付TikTok「Reply to @chelseamcdermid」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 4/17 21:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます