【皐月賞】アドマイヤハダル陣営「フレッシュな状態、自信を持って挑めます」/ねぇさんのトレセン密着

拡大画像を見る

 アドマイヤハダルを担当する谷口助手によれば、入厩当初は扱いが決して楽な馬ではなかったそうです。

「トレセンにきたばかりのころはカイバ食いもあまり安定しませんでしたし、気難しい面がみられました。でも、レースを使うにつれ、どんどん変わっていったんです。今ではカイバもしっかり食べていますし、状態は安定しています」

 前走の若葉Sではいい時計で走ったこともあり、レース後はしっかりと疲れをとったとのことでした。

「体を戻すのに少し時間はかかりましたが、いまでは元気が有り余っているかんじです。この中間は、特にオーバーワークにならないよう努めました。万全の態勢で皐月賞に送り出したいですからね。しっかりとアドマイヤハダルを抑えるのはなかなか大変でしたが、嬉しい悩みですね」

 若葉Sよりもかなり心身ともに前向きな状態で皐月賞に挑みます。

「気持ちものっており、かなりフレッシュな状態です。自信を持って挑めます。馬場が悪くても走り方をみれば対応できると思いますし、自分からレースをつくれるのも強みです。あとはアドマイヤハダルらしい競馬をしてくれれば、と思います」

(取材・文:花岡貴子)

関連リンク

  • 4/17 20:40
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます