【皐月賞2021予想】一番強い馬より一番向く馬を探すレース

拡大画像を見る

 特に「混戦模様」との評判を耳にすることが多い今年の皐月賞。そんな3歳牡馬クラシック一冠目をどのように捉えて臨めばいいのか。馬場・枠・展開を軸とする予想家・TARO氏に見解を伺った。

◆小回りへの適性の高さは証明済み

 昨年はコントレイルが制し、無敗3冠の幕開けを飾ったレース。もっとも、今年は大混戦模様。波乱の可能性もある一戦でしょう。なによりレースを難しくさせるのが、今流行りの“直行ローテ”。先週の桜花賞では阪神JFから直行した2頭が1〜2着、3着にはフェアリーS以来のファインルージュが入り、正規のトライアルであるチューリップ賞、フィリーズレビュー、アネモネS組は馬券に絡むことすらできませんでした。もはや“トライアルスキップ”が当たり前となり、それだけ各馬の比較検討が難しくなっている印象です。

 ならば、いっそのこと各馬の能力比較より別のアプローチで臨んでみるのも良いかもしれません。皐月賞は牡牝クラシックレースの中で唯一の小回り戦。だからこそ、展開や馬場といった、馬の能力以外の要素が重要になります。

「どの馬が一番強いのか?」ではなく、「どの馬が一番向くのか?」を考えることで、配当妙味のある穴馬が見えて来るのではないでしょうか?

 実際、近年人気薄で馬券に絡んだ馬を振り返ってみても、必ずしもGI級とはいえない馬がたくさんいます。ダンビュライト、サンリヴァル、ジェネラーレウーノ、ガロアクリーク…こういった馬たちは、その後の戦績を見ても皐月賞以後のGIレースでは活躍できていません。共通するのは小回り適性の高さと立ち回りの上手さ。これらの要素が能力の穴を埋めてくれそうです。

 今年面白そうなのは、アサマノイタズラ。スプリングSではヴィクティファルスの末脚に屈しましたが、早め先頭で見せ場十分の内容。未勝利勝ちは今回と同じ中山芝2000mで、小回りへの適性の高さは証明済みです。

 大穴でワールドリバイバルはいかがでしょうか。スプリングSでは荒れたインを逃げて6着とまずまず粘っていました。2走前には小倉芝2000mが舞台のあすなろ賞を制しています。3年前の皐月賞馬エポカドーロもあすなろ賞を制しており、こちらも小回り2000mの適性は高そうです。

 確たる主役不在の一戦だからこそ、思い切って伏兵を狙ってみるのもアリかもしれません。

(文:TARO)

TARO氏の予想

関連リンク

  • 4/17 17:15
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます