【中山グランドジャンプ結果】新王者メイショウダッサイが完勝! オジュウチョウサン6連覇ならず5着

拡大画像を見る

 17日、中山競馬場で行われた中山グランドジャンプ(4歳上・JGI・障害4250m)は、中団から好位へ上がっていった森一馬騎手騎乗の1番人気メイショウダッサイ(牡8、栗東・飯田祐史厩舎)が、直線の最終障害を越えて先頭に立つと、一気に後続を突き放して、2着の5番人気ケンホファヴァルト(牡8、栗東・森秀行厩舎)に4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは4分50秒1(良)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に3番人気タガノエスプレッソ(牡9、栗東・五十嵐忠男厩舎)が入った。なお、本レースの6連覇がかかっていた2番人気オジュウチョウサン(牡10、美浦・和田正一郎厩舎)は、最後の3〜4コーナーで失速し5着に終わった。

 勝ったメイショウダッサイは、父スズカマンボ、母スズカブルーム、その父スキャターザゴールドという血統。これで東京ハイジャンプ、中山大障害、阪神スプリングジャンプに続く重賞4連勝。昨年の本レースで2着に負かされたオジュウチョウサンへのリベンジも果たし、名実ともにハードル界の王者となった。

<中山GJダイジェスト>

※スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

関連リンク

  • 4/17 15:47
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます