『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』大ファン&新キャストのキリアン・マーフィーが1作目を振り返る!

拡大画像を見る

ついに5月28日に日米同時公開が決定した社会現象級大ヒットのサバイバルホラー最新作『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』。この度さらなる無理ゲー展開必至で最新映像も満載の特別映像が到着!前作を観ていない人はネタバレ注意!?観た人は復習にピッタリ!

2018年全米で公開され、全米累計興収1億8800万ドル以上を稼ぎ出し、2018年度No.1(BoxOfficeMojo調べ)ヒットホラーとなった映画『クワイエット・プレイス』。低予算ながら、全米累計興行収入で 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』『グレイテスト・ショーマン』をも超える驚異の成績を記録。日本でも「音を立てたら、即死。」というキャッチーコピーが話題となり、ホラー映画で類を見ない大ヒットを記録。その最新作となる映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』がついに2021年5月28日(金)に日米同時公開される。

(C) 2021 Paramount Pictures. All rights reserved. 

米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では驚異の“95%Fresh”と大絶賛され、90分間“呼吸の音さえ恐怖に変わる”劇場の緊張感が、新たな映画体験だと『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』の原作者スティーヴン・キングや、『デッドプール』のライアン・レイノルズら著名人がこぞってSNS上で作品を絶賛した前作。ホラー映画史に残る社会現象級大ヒットとなったサバイバルホラーが、更なる“音を立てたら、即死”展開とスケールで再び帰ってくる。

出演キャストは前作同様、母親・エヴリン役を実力派女優エミリー・ブラント、自身も役柄と同じ聴覚障害を持つミリセント・シモンズと、『フォードVSフェラーリ』のノア・ジュプが娘・リーガン役と息子・マーカス役で続投。実生活でもエミリーと夫婦で知られ、夫・リー役&監督をつとめたジョン・クラシンスキーが今作でもメガホンをとる。

そして、新キャストとして、『ダンケルク』(17)のキリアン・マーフィ、『キャプテン・マーベル』(19)のジャイモン・フンスーが参加。前作の大ファンでもあったというキリアン・マーフィ。特別映像では「前作を観たときは度肝を抜かれた」と興奮気味に明かしている。映像でエミリーは「危険も、人も、”何か”も増している。まるで暴走列車よ。」と語っており、舞台は家から、屋外、そして倉庫、住宅街、列車へと範囲を広げ、前作のスケールをはるかに超えた「音を立てたら、“超”即死」の世界が展開していきそう。果たして、外の世界に何が待ち受けているのか!?いつ泣き出すともわからない生まれたての赤ん坊を抱え、エヴリンと家族は“音を立てたら、超即死”の世界を生き残る事が出来るのか!? 公開が待ち遠しい。

関連リンク

  • 4/16 19:53
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます