坂上忍、小池百合子都知事の「東京に来ないで」発言に不快感「本当に癇に障る言い方」

 16日放送のフジテレビ『バイキングMORE』では、15日の東京都新規感染者数が2回目の緊急事態宣言が発令されていた2月4日以来となる700人越となった新型コロナウイルスについて特集。東京都の小池百合子都知事の発言にMCの坂上忍は「本当に癇に障る言い方される方」と辛辣な言葉を浴びせた。

 小池都知事は、15日「通勤を含めて都外にお住まいの方、エッセンシャルワーカー以外の方は可能な限り東京へ来ないで欲しい」と呼び掛けた。また都民に向けて買い物は必要最低限3日1回程度に抑えるよう、都立高は時差通学の実施、修学旅行郊外活動の延期または中止を求めた。

 フジテレビ伊藤利尋アナウンサーは、この呼びかけを読み上げると「緊急事態(宣言)にならないようにとおっしゃってるんですが、呼びかけ自体が去年の春の緊急事態宣言と同様の呼びかけのようにも感じる」とした。

 坂上はこれに「いまいち何を根拠におっしゃってるのか、ちょっとわからないんですけど」首をかしげ、まん延防止等重点措置としつつも緊急事態宣言より強い発信が行われていることに、「なんか矛盾してるんですよね」と違和感を覚えたようだった。

 土田晃之はこれに「第4波と言いたくないんでしょうね、それを必死こいてるのかな」と失笑。「緊急事態宣言と何が違うの?」と疑問視した。

 13日に小池都知事が「このままいきますと、全然楽しくないゴールデンウィークが待っていることになる」と言い残し、去って行ったVTRが流れると坂上は「時より、本当に癇に障る言い方される方ですけど」と表情を曇らせた。

 続けて「今みたいな言い方しちゃうと、“このままあなた達フラフラフラフラおもて出てるんだったら、ゴールデンウィークなんてちっとも楽しめませんよ”って、こっちのせいにされてるみたいな気になっちゃうんだよね」と語気を強め、不快感をあらわにした。

 土田も「今ですら、みんな楽しんでないわけですからね」と同調。ロンドンブーツ1号2号の田村淳は「メッセージは出てるんだけど、対策は全然打ってくれないで、“対策打ってくださいよ”っていうのは、たぶん聞き流しちゃうんでしょうね」と指摘した。

 この小池批判にネット上では「ほら~強めのこと言ったら『何を根拠に言ってるのかー』とか言っちゃうー。そういうのダメだと思うー」「坂上さんってほんと小池さんのこと嫌いよねw」「坂上さんこっちのせいにされてって言ってるけどこっちのせいなのよ…」「何故この方たちは国や知事に協力しようと呼びかけないのだろ」と様々な声が集まった。

 感染者が減らずオリンピックが迫ってくる中、坂上のコロナ政策批判が過熱しそうだ。

  • 4/17 16:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます