年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の激ヤバ小物7選

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/213072/ )

シンプルになりがちな春夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。今回は、使っていると街でオバサン認定されかねない過去のトレンドアイテムをご紹介します。

 

その1:カラフルなクリアーバッグ

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/213072/ )

PVC素材を使用したクリアーバッグはビッグトレンドでした。流行に乗って購入した人もいるはず。しかし、気をつけたいのが、ブルーやイエロー、ピンクなどのカラフルなもの。おもちゃのようなポップさが、40代のファッションには馴染みにくいので、選ぶならクリアーかブラック、せめてブラウンまでが鉄則です。デザインも中身が見えない巾着付きや、部分的にクリアー素材を使ったキレイめデザインで高見えするものを狙って。

 

その2:リボンやパールのついたかごバッグ

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/213072/ )

ガーリーなデザインのかごバッグ、10年ほど前に人気だったデザインです。リボンやパールがあしらわれた小ぶりなトート型は、今シーズンのテイストにも合わせづらく、甘すぎな印象。かごバッグを持つなら、サークル型や半円型のものや、逆にクラシカルなかっちりデザインのものを選ぶとトレンドコーデにもマッチします。昔のものから買い替えるタイミングとも言えます。

 

その3:サコッシュ

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/213072/ )

おしゃれ感度の高い若い女性たちの間で、街コーデにサコッシュをプラスするのが流行りました。しかし、数年前のブームを今頃取り入れるのは、トレンドに疎いように見えてしまううえ、サコッシュのペラペラ&斜めがけは40代女性のボディラインを残念に見せてしまうのでNG。同じ理由でスポーティーなデザインのウエストポーチも今年人気ですが、やめておいた方が無難です。

 

その4:汚れた白のコンバース

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/213072/ )

白のコンバースは、ずっと一定の人気を保っているレアなアイテム。しかし、だからこそ経年劣化して薄汚れたものを履いていると、一気に生活感が出てしまいがち。汚れが落ちなくなったら新しいものを買い直すか、きちんとケアして清潔感のある状態をキープしましょう。洗って汚れが落ちたとしても、クタクタになってしまったらやっぱり買い替え時です。これからはネイビーやブラウンのカラーコンバースが注目されているので、買い替えるなら色も更新してみるのもおすすめです。

 

その5:ビッグサングラス

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/213072/ )

すっぴん隠しや旅行用に、ビッグサングラスは40代女性の誰もが一つは購入した経験があるのでは? 手軽にセレブ感が出せるからと、ファッションとしてハイブランドものが当時はたくさん売れました。しかし、アイウエアにももちろん流行があります。いつまでも昔のサングラスをかけていると、気取ったオバさん見えしてしまうかもしれません。

 

その6:スタッズベルト

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/213072/ )

ベルトが少し太めのスタッズ付きだったりすると、一気に昔っぽくなってしまうので気をつけて。インパクトのあるゴツいベルトはウエストの太さを強調するだけなので、むしろつけない方がマシかもしれません。

 

その7:シュシュ

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/213072/ )

ブランドからこぞってオリジナルのシュシュが登場し、使わない時は手首につけるのが流行ったシュシュ。髪にゴムの跡がつかないので、ロングヘアの女性はみんな一度はお世話になった経験があるはず。そして未だに自宅には大量のシュシュコレクションをお持ちの方も多いのではないでしょうか。しかし、今若い女性の間でシュシュで髪を結んで外出している人はほとんど皆無。あのAKBの歌「ポニーテールとシュシュ」もすでに11年前の曲です。自宅で洗顔する時に使う分を残して、その他のコレクションは廃棄しましょう。

 

今回は、トレンドに乗せられて買った経験があり、今もクローゼットに眠っていそうなアイテムを中心にご紹介しました。「いつか使うかも」と捨てられないけど、冷静に考えたらもう使う機会がないものこそ、あなたの収納スペースで幅をきかせています。そんなアイテムを何年も放置せず、身も心もスッキリさせれば、気持ちも軽くなるはずです。

関連リンク

  • 4/17 9:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます