意外な事実!?美人には「性格ブス」が少ない理由9パターン

いつの時代も、美人は周囲から疎まれるのが宿命。それだけに、「性格が悪い」と噂されがちなものですが、意外なことに、むしろ「人格者が多い」という意見もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性91名に聞いたアンケートを参考に「意外な事実!?美人には『性格ブス』が少ない理由」をご紹介いたします。

【1】「性格ブス」と思われたくなくて、謙虚さを大事にしているから
「調子に乗って非難される苦い経験を積んでいるだけに、すごく慎重です」(20代女性)など、「人の注目を浴びる」という試練を通して、他人に不快感を与えない術を身につけているケースです。偏見を捨てて話しかければ、礼儀正しい対応を返してくれるのではないでしょうか。

【2】周囲に優しくされるため、自然と人にも優しく振る舞えるから
「子どもの頃から優しい人に囲まれているので…」(10代女性)など、誰にでも好かれる人生を歩んできたために、素直な性格が育まれているパターンです。人柄が良ければ女友達にも恵まれるはずなので、他人を信頼する心も持ち合わせているかもしれません。

【3】外見のコンプレックスが少ない分、性格が歪みにくいから
「基本的に他人を羨んだりすることが少ないかも」(20代女性)など、自分に自信を持っているためダークな部分が少ないのも美人の特徴かもしれません。優等生すぎて面白味に欠ける場合もありますが、意外とおバカだったりするので試しに一度イジッてみましょう。

【4】親も美人の場合が多く、処世術を教育されているから
「『女の子にもモテる人になりなさい』と、小さい頃から親に言われてきたんです」(10代女性)など、美人ママが立ち回り方をアドバイスしている場合もあるようです。「愛されオーラ」が出ている美人は、一子相伝の技を持ち合わせているのかもしれません。

【5】外見に合わせて内面も磨こうと、向上心を持っているから
「『中身はからっぽ』なんて言われたくないから、仕事も人一倍頑張っているつもり」(20代女性)など、意外と(?)美人には努力家が多いようです。結果的にルックスも性格も良い「スーパー人間」に近づいているので、男子たるもの迷わず狙いに行きましょう。

【6】心ないバッシングを浴びた経験があり、傷ついた人の気持ちがわかるから
「すぐに噂話を流されたりするから、心はけっこうボロボロ」(10代女性)など、普段チヤホヤされていても、美人が弱者の気持ちがわからないわけではありません。弱みを見せてもドン引きされずに、親身になって励ましてもらえるのではないでしょうか。

【7】デートや女子会などに誘われることが多く、リア充生活を満喫しているから
「休日は必ず誰かに誘われるので、あまり孤独感に襲われることがない」(20代女性)など、いつも満たされていることも美人の内面を輝かせる理由のひとつのようです。社交性を鍛えられる機会が多いため、普通の人見知り女子に比べて意外と話しやすいかもしれません。

【8】あまり無理しなくても高評価を得られるため、いつも自然体でいられるから
「正直、男性に媚びる必要がないので、腹黒いタイプではないと思う」(20代女性)など、言動が計算高くないことも美人の特徴のようです。「サバサバして冷たい」とレッテルを貼らずに、フラットな人柄に気づいてあげたいところです。

【9】自分が美貌を備えている分、内面で人を判断するから
「自分も見た目で判断されるのは嫌いだし、男性には優しさしか求めない」(10代女性)など、美人に限って恋人がブサメンなのは人の内面を見る力がある証拠かもしれません。そもそも美人は「相手を傷つけずに交際を断る」ことにも慣れているので、ルックスに自信がない人も安心してアタックしてみましょう。

総合的に、美人は意識的に性格を磨こうとしている場合が多いようです。色眼鏡で見ていないか、改めて身近なマドンナに注目してみてはいかがでしょうか。(浅原 聡) 【調査概要】 期間:2015年9月9日から16日まで 対象:合計91名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/17 18:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます