【カルディ】ほうじ茶好きが満足できるのはどれ?ほうじ茶フレーバーの3品を食べてみた

拡大画像を見る

香ばしくやさしい味が、なんともほっこりした気持ちにさせてくれる「ほうじ茶」。穏やかな春の気分にもよく合いますね。そこで今回は、カルディで買えるほうじ茶を使った商品を3つピックアップしてみました。

塗るだけで和スイーツに♪「カンピー 加賀棒ほうじ茶ラテクリーム」


「カンピー 加賀棒ほうじ茶ラテクリーム」(170円)は、加賀棒ほうじ茶のパウダーを使ったクリームです。


見た目は、色の濃いピーナッツクリームのよう。まずはパンに塗るスプレッドとして食べてみましょう。


トーストの熱によって、じわじわと溶けていきます。


ピーナツクリームのイメージに引っ張られてかなり甘いクリームを想像していたのですが、あっさりした甘さです。苦みや渋みのないほうじ茶らしい香ばしさで、後味もスッキリとしています。甘さひかえめなので、食パンにたっぷりと塗っても罪悪感もひかえめ(笑)。

パンケーキやスコーン、アイスクリームなどに合わせれば、手軽に和テイストのスイーツを楽しめます。温かい牛乳に溶かし入れて、ほうじ茶ラテにするのもおすすめ!

大容量でコスパ◎「狭山ほうじ茶の寒天 つぶあん・黒蜜入り」


「狭山ほうじ茶の寒天 つぶあん・黒蜜入り」(149円)は、狭山ほうじ茶を使った寒天。お手頃価格なのに、300gという大ボリュームがうれしいですね。


フタを開けると、寒天、つぶあん、黒蜜がそれぞれ個包装で入っています。スプーンも1本付いています。


器に寒天をシロップごと入れ、つぶあんと黒蜜をかけていただきます。


寒天独特の海藻くささはまったくないものの、ほうじ茶の風味もほのかに感じる程度。ほうじ茶好きには少々、物足りなく感じるかもしれません。

ただ、ぷるぷるとした食感は良く、つぶあん・黒蜜と一緒に食べると、ちょっといい和菓子を味わっている気分になれました。

なお今回は撮影のために食器を使いましたが、寒天が入っていたプラスチックのカップに戻し入れ、付属のスプーンで食べれば洗い物不要です。

冷たい牛乳にも溶ける♪「牛乳でつくるほうじ茶ラテ」


「牛乳でつくるほうじ茶ラテ」(100g、414円)は、その名のとおり牛乳を加えてほうじ茶ラテを作ることができる、粉末タイプのドリンクです。牛乳に合う、香ばしい風味の茶葉をプロが厳選しているのだそう。


ポイントは、ホットはもちろん、冷たい牛乳でも溶けるということ。季節を問わず、手軽にほうじ茶ラテを楽しめますね。牛乳の代わりに、豆乳でも作れます。


せっかくなので冷たい牛乳で作ってみると、スプーンでかき混ぜるだけで、すぐに溶けていきました。これは便利!


味は濃厚で香ばしく、甘さすぎることもなく、飲みやすいバランスです。リラックスしたいティータイムにピッタリ。個人的にはリピート決定です。

気になる商品があったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

(ライター/富士みやこ)

関連リンク

  • 4/17 10:00
  • リビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます