菅田将暉が俳優NO.1お笑いセンスで“裏まわし”も…『コントが始まる』仲野太賀は見殺し

拡大画像を見る

 俳優の菅田将暉(28)が4月13日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。MCの明石家さんま(65)らを相手に、芸人顔負けのトークを展開していた。

 今回の放送は3時間スペシャルで、菅田はドラマ『コントが始まる』(同局系)で共演する仲野太賀(28)と、前半の“怒り人が怒りまくりSP”パートに登場した。

 トークの冒頭、初登場で緊張しているモデルの小山ティナ(19)が言葉に詰まってしまい、さんまが「圏外かおまえは! ええっ!」と厳しく一喝する姿に、菅田は「厳しい!」とツッコみ、「俺、初めてさんまさんとお会いしたとき、今、思い出した」とポツリ。続けてさんまと初共演した日は怖くて眠れなかったと振り返り、「“うわっ、もう会いたくない、あの人”みたいな。若手俳優界でさんまさんとの初手はトラウマになる」と、さんまのイジりに恐怖を覚えてしまうと明かした。

 スタジオに爆笑が起こる中、さんまは「結構、ええフォローしてきたで、俺」と納得せず、菅田は「それは、後々“フォローやったんや”って気づくんですよ。最初は“笑いが生まれるまで放してくれへん”みたいな」と説明した。それでも、さんまは「そんなことあるか!」と否定したため、菅田は振り返って小山に「怖いよねぇ」と、優しい口調で同意を求めたが、「私、思わないんですけど」とあっさり否定されてしまう。

■仲野太賀は梅沢富美男から説教

 菅田は「思わんのかい!」とツッコみ、「フォローしたったのに……」とボヤいてみせると、さんまはうれしそうに「なっ、この気持ちや!」と、トークを回す苦労を菅田にアピール。さんまに緊張すると言っていた菅田だが、しっかりした裏回しを見せて盛り上げていた。

 一方、仲野は、自身の“皿洗いができるようになった”というエピソード披露するも、俳優で歌手の梅沢富美男(70)が「この番組、さんまさんだから、そんな話でも拾ってくれたけど、ほかでやったら誰も拾わないよ。オマエの先輩だから言うけど、ここで言うネタじゃないよ」とダメ出し。

 厳しい言葉にぼう然とする仲野に、梅沢は「自分で反省しないと、役者はダメになるから。1回反省しろ」と、さらにダメ押しのアドバイス。さすがの菅田も「しびれるなぁ」と頭を抱えるばかりで、仲野へのフォローはなし。さんまは、エピソードトークをダメ出しされたのは、番組史上初だと笑っていた。

 また、コーナーの最後に菅田が自身の汗かきエピソードを披露して盛り上げていると、デヴィ夫人(81)が唐突に「あなた、スゴいきたないズボンはいてる」と、菅田のビンテージっぽいジーンズにダメ出し。菅田は立ち上がって「関係ないです、今、関係ない」と抗議したが、さんまらにイジられて爆笑を誘っていた。

■俳優では1番のお笑いセンス

 これを見ていた視聴者は、ツイッター上で「さんま御殿に菅田くん出ると毎回思うけど、めちゃめちゃうまいよな。さんまさんとの橋渡しが抜群にうますぎて毎回感動してる」「同じ関西でお笑い好きだから、さんまさん絶対、菅田くんお気に入りよね。かわいがられてる感でうれしい」などと、菅田のお笑いセンスを高く評価していた。

 関西出身の菅田は、初対面で号泣したほどダウンタウンに憧れていたという。お笑い芸人をリスペクトしていて、自分なりにお笑いを分析していたこともあり、笑いのセンスは俳優としてブレイクする前から持っていたようだ。

 17日に放送スタートするドラマ『コントが始まる』で、菅田と仲野は神木隆之介(27)とお笑いトリオを組んでいる役柄。大好きなお笑いの世界を舞台に、菅田は見事な演技を見せてくれそうだ。

関連リンク

  • 4/17 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます