アウトドア好きは知っておきたい! 遭難したときの「手鏡を使ったSOSの出し方」を警視庁が紹介しているよ

拡大画像を見る

救助用ヘリコプターに「お~~~い! ここだよ~~~!」と手を振る行為。

映画やドラマなどでよく見かけますが、手を降るだけでは気づいてもらえない可能性があるのだとか……

警視庁の公式ツイッターによると「鏡」を使うとよいのだそう。

これからの季節、山や海などアウトドアに出かける人も増えると思うので、もしものときのために頭に入れておくといいかも!

【鏡で太陽光を反射させる】

注目されているのは、2021年4月15日に警視庁警備部災害対策課公式ツイッターが投稿したつぶやき。

山岳遭難の際などにヘリコプターに “光のシグナル” を送る方法」を紹介しており、すでに1万超の「いいね」を集めています。

光のシグナルを送るために必要なのは「鏡」。気になる手順は

1. 片手でピースサインを作って、目標のヘリを指の間に入れる
2. 鏡を持って、ピースサインに光が当たるように太陽光を反射させる

というもの。ピースサインを用いることで、狙いを絞りやすくするようです。

【鏡がなければスマホで代用】

またリプライ欄を見ると「スマートフォンの画面が反射するので鏡の代わりに使える」という声も!

普段から鏡を持ち歩く習慣がない人も、「代替案」として覚えておくといいかもしれません。

【注:遊びでやっちゃダメ!】

レジャーシーズンになると、山や海での事故が増えます。

いくらアウトドアに慣れていようとも、自分自身が事故に遭う可能性もゼロではないので、いざというときのための備えは必要です。

ちなみに……警視庁警備部災害対策課公式ツイッターは、今回取り上げた “光のシグナル” について

真の救助の要請時など非常時の手段としての活用をお願いします

と呼び掛けています。

本当に救助が必要なときにこそ必要なサインなので、遊びでやらないよう、くれぐれもご注意を~!

参照元:Twitter @MPD_bousai
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 4/17 7:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます