6500万円のレア物も。コロナ禍で活況「スニーカー投資」で稼ぐコツ

拡大画像を見る

 コロナ禍をきっかけに、副業を始める人が増えている。ギグワーク(単発の仕事)やネットビジネスなど様々な副業がある中、「投資」も本業以外の収入をプラスする1つの手段になるだろう。

 積立投資や株式投資といった資産運用以外にアートやワイン、玩具などのコレクション投資を行う方法もある。そんな中、今ひそかに話題を呼んでいるのが「スニーカー投資」だ。

 アメリカではスニーカー投資で成果を出し、億万長者になった例まであるという。まさに「アメリカンドリーム」を感じさせる、夢のある投資術なのではないだろうか。

 今回はスニーカー投資に精通し、YouTubeチャンネル「ジョーダン村川のレアもん投資チャンネル」を運営する株式会社ベクトルの代表取締役・村川智博氏にスニーカー投資の始め方や稼ぐためのコツについて話を伺った。

◆ビックリマンシール、キン消し、ミニ四駆…。流行り物は何でも集めた幼少期

 村川氏は、幼少期からとにかく“何かをコレクションする”ことにはまっていたそうだ。

「幼稚園の頃は『まじゃりんこシール』を、小学1年時には『ビックリマンシール』を集めていました。どちらも当時ブームになったものですが、“流行りもん”に飛びつき、コレクションするのが趣味だったんです。最初は集めたシールを友達に売っていたんですが、親に怒られてしまい(笑)、途中から物々交換するようになりました。幼少期は私にとって、コレクターの原点になっていますね」

 その後も一世を風靡したキン肉マン消しゴム(キン消し)やガンダムメンコ、ファミコンソフト、ミニ四駆など、ありとあらゆるホビーアイテムをコレクションしては、友人知人の間で物々交換をしていたという。

 そんな中で、「欲しい物が人それぞれ違うことに気づいた」と村川氏は話す。

「『これは流行るぞ』と思うものに手を出してきたんですが、対象のアイテムによって欲しがる人が異なることを学びました。そして、90年代に一大ブームを呼んだ『カシオのG-SHOCK』や『ナイキのエア ジョーダン』が登場したことで、転機が訪れたんです」

◆ジョーダンブームに乗っかり、スニーカーコレクターの道へ

 G-SHOCKとエア ジョーダンこそ、村川氏がコレクターとして頭角を現すきっかけになったアイテムだった。

 さらにスニーカーブームは加熱。“エアマックス狩り”が社会問題にもなった。人気モデルはプレミア価格で取引され、街中で履いているレアスニーカーを強奪しようとする連中が出現、村川氏自身も狙われた経験があるそう。

「人気漫画の『SLAM DUNK』に登場する主人公・桜木花道が、『エア ジョーダン6』を履いていたことがきっかけで、日本でもジョーダンブームが一気に盛り上がった。そんなブームの最中、私とジョーダンの馴れ初めは中三の時に大阪のアメ村で見つけた『エア ジョーダン4』。色々と探し回り、定価約1万5000円のものが4万2000円で売られていたのを購入したんですね。

 ただエピソードがあって、ジョーダンを履きながら当時の通天閣周辺のストリートを歩いていると、10~15人くらいの高校生に追いかけられたんですよ(笑)。それだけ、ジョーダン人気がすごかった」

 ジョーダンブームに乗っかるかのごとく、村川氏もスニーカーのコレクションをどんどんと増やしていく。

「累計で何十万、何百万とするプレミア価格のものを含め2000足くらいは収集した」と語る村川氏だが、そのコレクター活動を支えたのは個人売買情報誌『QUANTO』(ネコ・パブリッシング発行、現在は廃刊)の存在が大きかったという。

「『売ります買います交換します』という情報が、まるで電話帳のようにずらっと並んでいる雑誌で、ここによく掲載していたんですよ。流行るアイテムのチェックは欠かさなかったので、続けていくうちに結構稼げるようになりましたね。最高で月に1000万くらいいった時もあったかな。彼女ができると、交換して手に入れたロレックスをあげたりしてました(笑)」

◆会社設立に合わせ、2000足のスニーカーをいったん手放すことに…

 1999年に「ヤフオク!」が誕生するやいなや、村川氏もオークションに出品。サイトが出始めだったこともあり、ファッションカテゴリーの半分くらいは村川氏の商品で埋め尽くされ、飛ぶように落札されたという。

 また、とあるご縁をきっかけに露天商を始めるようになり、やがて店を構えるまでに成長していった。

 しかし「辞めたくなるほどの苦労も幾度となく味わった」と村川氏は当時を顧みる。

「店長の不正行為や商品をほとんどパクられた盗難…など結構色々とありましたね。当時は自分がスニーカーをコレクションしたいがために人を雇っていたので、人が育たずに信頼を欠いていたんです。自分のエゴだけだと社員はついてこないなと。そう感じたので、会社立ち上げを機に一度『コレクターとしての足を洗おう』と思った。当時持っていたスニーカーはほとんどこの時に手放しちゃいました」

 スニーカーコレクターから会社の社長へ。税理士から「今の規模感だと会社化した方がいい」との助言を受け、2003年に有限会社ベクトルを半ば仕方なく立ち上げたそうだ。

 今では、リサイクルショップを全国に約50店舗展開し、グループ年商50億を越える企業に成長したのである。

◆コロナ禍でスニーカー投資が活況に。まずは場数を踏むことが大事

 そんな村川氏だが、なぜここにきてスニーカー投資に目をつけたのか。「コロナ禍でスニーカーの価値が急激に上がっている」としつつ、その理由を明かす。

「新型コロナで広がる経済的不安や金融危機から、富裕層を中心に資産形成の目的で金やビットコイン、アートなどを購入するトレンドが来ています。スニーカーもまた、“限定もの”や“一点もの”などのレアなアイテムの価値が急騰。投資対象として見るのに十分で、かつスニーカーは全世界にファンがいるので流動性が高い。

 2020年8月にマイケル・ジョーダンが実際に着用した『エア ジョーダン1』が、競売で約6500万円で落札されたことが決め手でした。これにはさすがに驚きましたね(笑)。コレクターの血が騒ぐというか、一度やめたスニーカーコレクターの道を、もう一回目指そうと決意しました」

 経営者でありながら、スニーカーコレクターとして再び歩み始めた村川氏。ずばり、スニーカー投資を始める上で知っておくべき知識や稼ぐためのコツについて聞いてみた。

「大前提として、1回でも履いたら『新品』から『中古』になるので価値が下がる。本格的に始めるなら、スニーカーを履く目的で買うのではなく、“投資目的”で買うこと。ただそれだとハードルが高いと思う場合、まずは『コレクターと商売の両方を意識する』といいでしょう。

 例えば、普段履きながらオークションサイトやフリマサイトに中古として出品しておく。初心者は『売れたらラッキー』くらいの気長に続ける感覚がちょうどいいと思います。値付けも大体の相場はネットで把握できるので、少しだけ相場よりも高く設定して『値段をずっと据え置きにする』こと。スニーカーのコレクションを固めていき、出品を繰り返して場数を踏むことが一番大切ですね」

◆プレミア以外も、ビンテージスニーカーが狙い目?

 また、スニーカー投資で差益を生むためには「ハイブランドや有名ブランドとのコラボスニーカーや数が限られたレアもの、有名人が着用して話題になったスニーカーなどに注目する」といいそうだ。

「プレミアが付きそうなスニーカーであれば、大体想像つくと思います。例えば、著名人のインスタをチェックしたりコラボ情報を追ったりと、常にアンテナを張っておくことは重要。ただ最近では抽選販売になることが多く、IPO(新規公開株)の抽選と一緒で漏れなく申し込んでおいて、『当たったら儲けもん』という気持ちでいた方がいいですね」

 さらに、最近の流行りや限定品以外にもビンテージやクラシックのスニーカーを狙いにいく方法もあるという。

「ビンテージの代表格である『エア ジョーダン1』はカラバリ豊富で、市場もできているために見つけたら“買い”ですね。また、穴場はエア ジョーダン2~11までのモデル。このシリーズは新品で保管されていても、ソールが加水分解を起こして経年劣化してしまうんですよ。劣化した状態で出品されることが多いので、通常の相場よりも安く仕入れやすい。

 海外では往年のレアスニーカーをリペア(修繕)して、オークションサイトで販売する動きも出てきているので、ソールが劣化したジョーダンに狙いを定めておくのはありです」

◆ネット版の「なんでも買取鑑定団」を目指したい

 今後もスニーカー投資はもちろん、希少価値の高い美術品やプレミア商品といった“レア物投資”の魅力や資産形成の可能性について発信していくそうだ。

「会社を立ち上げる前は、日本一のコレクターとして自負していたので(笑)、これからは経営の一貫で日本の“レア物市場”の活性化に励んでいきたい。YouTubeチャンネルでは、スニーカー以外にも様々な業界の第一人者の方に登場してもらい、ネット版の『なんでも買取鑑定団』として発信していく予定です」

 夢が広がるスニーカー投資。

 思わぬお宝やレア物を探し当てるためにも、まずは様々な観点から情報収集をし、スニーカーを好きになることから始めてみるといいのかもしれない。

<取材・文・撮影/古田島大介>

【古田島大介】
1986年生まれ。立教大卒。ビジネス、旅行、イベント、カルチャーなど興味関心の湧く分野を中心に執筆活動を行う。社会のA面B面、メジャーからアンダーまで足を運び、現場で知ることを大切にしている

関連リンク

  • 4/17 8:52
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます