フジ井上清華、三田友梨佳…女子アナステマ騒動の中「高飛車新人アナ」に物議!!

拡大画像を見る

 4月15日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じた、フジテレビの女性アナウンサー複数人による“ステルスマーケティング疑惑”が波紋を広げている。

『めざましテレビ』の井上清華アナ(25)、『ノンストップ!』の三上真奈アナ(32)、『プライムオンラインTODAY』の宮澤智アナ(31)、『めざましどようび』の久慈暁子アナ(26)などに“ステマ疑惑”が浮上し、野島卓アナウンス室部長(54)の事情聴取を受けたというのだ。

 問題が報じられた女子アナたちは、芸能人も訪れる人気美容室「A」でヘアカットだけでなく、ネイルやまつ毛エクステなども“無料”でしてもらう代わりに、店のSNSにヘアカット後の写真などを投稿し、宣伝に協力するなどの行為があり、これがステマに当たるのではないかと問題視されているという。

 月曜から木曜までフジテレビ夜の看板ニュース番組『FNN Live News α』のMCを担当している三田友梨佳アナ(33)にも、ステマ疑惑が取り沙汰された。

 しかし、三田アナはもともと通っていた美容室「B」と、番組関係者が携わっている美容室「C」を自身のインスタで紹介したということで、他の若手女子アナとは事情が異なり、野島アナの事情聴取を受けたものの、不問になったという。

 フジテレビは「事実関係の詳細については現在確認中ですが、いわゆるステルスマーケティングに該当する行為はないと考えております。就業規則に抵触する行為が判明した場合には、適切に対処して参りたいと考えています」とコメントを発表している。

「これに対して、一部女子アナの間では“三田アナだけが優遇されている”と不満も出ているようです。ですが、三田アナが通っていたのは三田家御用達という美容室『B』と番組関係の『C』ですからね。しかもこの『C』は、三田アナと同じく日曜日夜の情報番組『Mr.サンデー』のMCを務める宮根誠司さん(57)と関係があるところだそうです。そこのヘアメイクさんが番組にも携わっていて、三田アナはお付き合いで行っていたということのようですよ。

 ただ、今回報じられたステマ疑惑、さらに放送法の外資規制違反など、フジテレビを巡っては騒動が絶えませんよね。そんな中、4月に入社した新人女子アナ絡みでも“ひと悶着”起こりそうなんです」(制作会社関係者)

■元女流棋士の竹俣アナの文章が物議

 今年度、フジテレビには元女流棋士で早稲田大学出身の竹俣紅アナ(22)、青山学院大学出身の小室瑛莉子アナ(22)、弘前大学出身の小山内鈴奈アナ(24)の3人が入社。

「アナウンサーだけでなく、今年度入社の新入社員全員を紹介する冊子が局員に配布されたのですが、竹俣アナのコメントへの評判がすこぶる悪い。一部では“ナメている”と憤っている人もいます」(前出の制作会社関係者)

 竹俣アナといえば、中高生時代は女流棋士として活躍。大学時代には大手芸能事務所に所属し、タレントとしてテレビ番組に出演していた。

 問題になっている冊子には、新入社員の意気込みが寄稿されている。竹俣アナは冒頭で「6歳からずっと将棋をしてきましたが、『ネプリーグ』や『ワイドナショー』への出演など、私の人生のいろいろな点で、それまで気づかなかった自分の個性を引き出してくれたのがこの会社でした」とつづっている。

 また、「インターンシップでは、アナウンサー部門だけではなく、制作部門・コンテンツ部門にも参加させていただき、人事部の方から“紅ちゃんは史上初のインターン三冠王だよ!”と言っていただいた」と振り返っている。

 最後には「こんなにも温かくて面白い会社はオンリーワンだと、私は思っています。私は、そんなフジテレビに、ナンバーワンにもなってほしいのです」とフジテレビにエールも送っている。

■低迷フジテレビへの“皮肉”!?

 前出の制作会社関係者が続ける。

「冒頭からいきなり“芸能界で活躍していた~”と芸能人気取りで、他の新入社員に比べて上からの物言いになっている。また、“史上初のインターン三冠王だよ!”と言われたということについても、すでに人事部にしっかりと認知されていると、他の同期の新入社員へのマウンティングとも受け取れる。

 最後の“そんなフジテレビに、ナンバーワンにもなってほしい”というのは、ここ最近、視聴率が低迷し、日本テレビやテレビ朝日に後れを取り、広告収入も激減しているフジテレビへの皮肉だとも受け取られてしまいますよね」

 冊子には「盆栽を育てて12年」というコメントとともに、盆栽に顔を近づける竹俣アナの写真が掲載されている。

「文章から高飛車な感じがにじみ出ているからか、すべてが引っかかってしまうのでしょうか……この写真にも、あえて自宅を写して、“自分はセレブ”だと匂わせているのでは、という声も一部では上がっています」(前同)

■同期入社の小室アナ&小山内アナは……

 同期入社の小室アナはというと、「大学時代は国際ボランティアサークルに所属し、カンボジアでレンガ造りの家を建てました」と学生時代の経験をつづっており、最後には「ご迷惑をお掛けすることもあると思いますが、その期間が少しでも短く終わるよう毎日真摯に取り組みます。これからもご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします」と結んでいる。

 また、もうひとりの小山内アナは「青森生まれ青森育ちの田舎っ子で、たくさんの自然に囲まれてのびのび育ちました。学生時代の憧れは電車通学でしたが、実際はリンゴ畑の中を自転車で疾走する毎日でした」と自身の出身地をアピールしている。

「小室アナは2019年にミス青山の準グランプリに、小山内アナも2018年に弘前城ミス桜コンテストで準グランプリに輝くなど、学生時代はちやほやされる存在だったのではないでしょうか。ただ、竹俣アナに比べると、冊子に寄せた文章は非常に謙虚で応援したくなる。

 一方、竹俣アナの文章に引っかかっている、“早くも調子に乗っている”と感じている人がけっこういるようで、今後、彼女への風当たりが強くなる可能性もあるかもしれませんね」(前出の制作会社関係者)

 竹俣アナには逆風に負けることなく、フジテレビのエースアナウンサーになれるような活躍を期待したい!

関連リンク

  • 4/17 7:25
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます